--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-28

ブラジル。

という劇団の、mini公演を観てきました。

30分の短編2本で、ウェルメイドな中にもスパイスが効いた脚本で面白かった。

とくに2本目は、ブラジルの作家さんが、ギリギリエリンギに提供した脚本で、去年の年末にギリギリで観たばっかりだったのですが。

ほぼ同じストーリーで、ギリギリでは男3人で演じていたのを、今回は女3人でやってて、男女で印象が全然違うのが面白かった。

ただ、バーでやってたので、やる方は、こじんまりとしてやりやすいんでしょうが、観る方は、席によってはかなり過酷。

隣の方はほぼ見えなかったのではないかな。

最初は立ち上がったりがんばってたけど、後半はあきらめてました。


関係ないけど、今日の『交渉人スペシャル』、誘拐された5人の共通点が、医療ヘリで輸送中の少女のドナーとかだったりして。
スポンサーサイト

2009-02-26

角角ストロガのフ。

『人間園』を観てきました。

観てきたけど、とくに感想は浮かびません…。

NHK朝の連ドラ『瞳』で主人公の親友役だったという、鈴木聖奈ちゃんって子が出てました。

ってことは、満島ひかりちゃんとも友達役だったのかしら。

主宰の角田ルミちゃんは顔が広いなぁ。

2009-02-25

『天帝のみぎわなる鳳翔』

やっぱりまほろはすげえ。


裏表紙に、「3000人殺し」ってあったから、
二階堂黎人とか清涼院流水系かと思ってたら、

(あ、この先ネタバレです)









いきなり核爆発かよ。

ハリウッド映画でさえ、
一進一退の攻防があって、
最終的に爆発してしまうとしても、
地中深くとか、宇宙空間とか、
とりあえずその後の地球環境に配慮して爆発するのに、

まほろったら、

「あの船には核が積まれてるんだ!」

って言った次のページでは爆発してました。

3000人、及び、その一帯被爆。

すぐには事態を飲み込めませんでしたよ、私。

まあその核爆発で亡くなった方々は置いといて、
それ以外に、1人づつ殺害される人たちに関する謎解きはオーソドックス。


にしても、
どうして古野まほろは、
こんなに大量の、上質な言葉や物語を、
いとも簡単に、供給し、
消費させてしまえるんだろう。

私がこんなの書いたら、知識も情熱も一冊で使い切る。
次のを書けるくらい貯まるのは、早くて10年後だなぁ。


メフィスト賞応募作にして、受賞作である、『天帝のはしたなき果実』の発行が2007年1月、

次の、『天帝のつかわせる御矢』が2007年6月、

3作目、『天帝の愛でたまう孤島』が2007年10月。

その後、別シリーズ2作はさんで、
『天帝のみぎわなる鳳翔』が2009年2月。

しかも、天帝シリーズは4作とも600ページを超える分厚さ。


同じ酉年なのが気になる。

この人、何歳なんだろ。

2009-02-24

さっき。

人生で初めて倒れました。

立ちくらみだわ~と思ったら、運ばれて寝かされてました。

あーびっくりした。

今年の抱負「健康」、早くも負けそう…。

2009-02-22

書き忘れた!

昨日の即興公演では、数種類のインプロをやってました。

インプロは、ただ即興をやっても面白くなりにくいので、ゲーム性を高めるためにルールがあります。

昨日やってたやつは、ほとんど定番のやつばかりだったけど、ラストのは新しかった。

お客様にもらったお題でタイトルだけ決めて、そこから連想していって、7人で即興っていう、そこまではベーシックなインプロなんだけど、音楽家の人がピアノ前にスタンバってて、その人がシーンを見ながら弾く即興曲に合わせて歌わなきゃいけない、というルールがあって、これはすごい新しい!

し、大変そう。

でも、面白かった。


今日は、カルボナーラスパゲッティ入りクレープを食べました。

カルボナーラは、ジューシーベーコンのカルボナーラで。

クレープ生地は、ほんのり優しい甘さで。

微妙でした。

たぶん一緒に食べないほうが、より美味しいのではないかしら。

2009-02-21

ごぶんのよん&ご。

今日も観劇ブログ。

昼→柿喰う客で共演した出来本泰史が旗揚げした劇団Seven Stars。

すでに第3回公演らしいです。

新感線の影響を受けてますね。

アレキシ&キンバリー姉弟は、もろドラゴンロックで、村木よし子さんと右近健一さんがやったスパイダーシスターズ。

私も、殺陣を格好いいとか、やりたいとか思うタイプの人間だけど、殺陣が殺し合いだってことも分かってる。

それが、ファンタジックなウォーであるうちは楽しんで観れる。

でも庶民とか出して、「戦争で苦しむのはいつも庶民だ」とか言わせるんだったら、それに対するなんらかの解答を用意しなきゃ。

将軍という立場の人が、「王のためなら、国民はみな喜んで命を差し出します。だから戦争やってください」って言って、王を戦争に向かわせちゃダメでしょ。

そういう信念とか正義とかの論理がぐだぐだで、ただ格好いいこと言わせて、格好いい場面をつないでっていう後半はたるかった。

チャンバラやりたいなら、戦争の悲惨さとか、庶民の苦しみとか出さずに、ただ格好よくチャンバラやって見せてくれれば満足なのに。

あと、格好いいことはほとんどセンターで行われるんだけど、前列との段差があまりなくて、センターがほぼ見えない私の席は辛かった。

男子ヴィジュアルがかなり良かったので、女子ヴィジュアルもがんばってほしかったな。

とくに、イケメン将軍の恋人で、後半王を裏切って殺し、女王になる子はもうちょい美人希望!

それと、オチに伏線張って~。
唐突だわ。

それか、もっと意味のあるシーンにするとか。
少女の殺す相手が王族の誰か、とかね。

夜→へなちょヴィのヒロイン山口小夜ちゃんが所属する即興演劇集団FREECRUZ。

演劇の稽古場では、けっこうインプロ(即興演劇)をやります。

インプロの基本は、相手の提示する情報を拒否せず受け入れること。

基本に忠実でした。

でもインプロが、稽古ではなく、公演として成立するのは、やっぱりそうとう難しい。

どうしても未完成に見えてしまう。

プレイヤーは、広く浅くでもいいからいろんなことを知ってなきゃいけないし、注意深くなきゃいけない。

観客から出されたお題である「クリントン長官」が誰だか分からなかったり、
「厚顔無恥」が読めない&意味が分からなかったり、
相手が「お父さん」って呼んだのに、「弟子」って返したり、
観客の大部分が理解したことをいつまでも引っ張ったり、
とかは観てて面白いとは思えない。

インプロは私にとっては、やって楽しいことではあるけど、観て楽しいことではない。
ゲームだなと再確認しました。

2009-02-21

3日で5本。

今日から2日連続マチソワ観劇です。

昼→某ワークショップで知り合った工藤さやが出演する、スワンキーライダー『記憶の図書館』。

なんか、惜しい!

ウワサに聞いてたほどダメではなかったけど、脚本、演出、役者、セット、どこを見ても目新しい要素がない。

センスがない。
音楽にしても。
タイトルにしても。

工藤がセンターで踊ってた冒頭のダンスが一番面白かった。

夜→粟根まことさんがゲストで出る、真心一座 身も心も『流れ姉妹 たつことかつこ~獣たちの夜~』。

面白いです。
ちゃんとしてます。
このメンバーで、この作・演出ならこれくらいのクオリティは当たり前、なんでしょうね。

30代、40代の芸達者な出演者たちの中で、おそらく唯一の20代、若手イケメン俳優・中村倫也くんが違和感なく溶けこんでます。

粟根さんは精力的にゲスト活動してますね。

今回はちょこまかといろんな場面に出てたのでさびしくないです。


その後、4月のスプリングマンの顔合わせ。

作・演出の澁谷さんと、出演者の井手くん、藤波さん、小澤さん、制作さん、ヘアメイクさん。
もう一人のゲスト、若林さんが風邪で欠席だったので男ばかり。

明日21日(土)午前11時~、チケット発売です!

よろしくお願いいたします☆

2009-02-19

ジエン社。

20090219215123
『ゴーストニートペアレント』を観てきました。

実は、この公演に出演しないかというオファーをいただいてたので、台本も事前に読ませていただいてました。

へなちょヴィがなかったらこっちに出てたはず。

こっちも出たかったな~。

というわけで、中盤までは展開を知ってたのですが、けっこう楽しかったですね。

登場人物それぞれが、それぞれのドラマを持って生きてる。

ということが、押しつけがましくなく、ほどよく分かる序盤。

とくに、オファーいただいた時に、ちょろっと具体的な役名が出てたので、自分だったらこうやるな、とか妄想。

後半はどっかで見たような感じになってしまい残念。

複数のドラマを上手いこと回収するのって難しいよね。

前回の『大怪獣サヨナラ』はすごい面白かったのにな。

あと、ほぼ座り芝居なので、客席の段差をもうちょいつけないと、けっこう見えない。

部屋セットって楽なのは分かる。

自分がやる側だったらちょー楽。

でも、その楽さが分かるからこそ、もうちょっとがんばってほしい気持ちもあります。

その点でも、『大怪獣サヨナラ』の学校セットは良かった。
楽、かつ、がんばってる感もあり。

それはさておき。

私の左斜め後ろのお客様が、

まさかのガン寝。

まさかのイビキ。

小さな小屋だから、たぶん舞台上にすら聞こえてたはず。

完全に集中力は途切れました。

そして、終演後に知る、

まさかの知り合いだった事実…。

2009-02-16

エムキチビート。

番外公演を観に行きました。昨日。

へなちょヴィの稽古中に隣で稽古してた人たちですね。

架空の劇団AKKOの稽古場で、次の演目をめぐって対立する劇団員たちが、それぞれの書いた脚本をやってみせる、という設定で、オムニバスで3本+α。

この構成とつなぎ方は上手かった。

でも、また2時間。

長いよ。

桟敷席で2時間は苦行。

前半の、ヴァレンタインをモチーフにしたコメディ2本は面白かった。

男6人がみんな泣いた芝居をするラストは早く終われと祈りました。

お尻痛いのに、そんな上っ面の泣き芝居見せられても…。

話題ループしてるし、問題解決してないし。

コメディ2本やって、よし次の公演はこれで行こう!って明るく終わっても物足りないとか思わないのになぁ。

にしても、めっちゃ人気あるな~。
固定ファンがいるってことは素晴らしい。

あと、受付の女の子にいいかげん会いすぎだわー。

この2ヶ月で5、6回会ってますな。


今日は、つくばエクスプレス初乗車。

2009-02-15

『その夜明け、嘘』

昨日、青山円形劇場で、宮崎あおい主演の舞台、『その夜明け、嘘』を観てきました。

ザキは旧字。
変換できませんが。

相棒の鑑識・米沢守でおなじみの六角精児と、

早稲田劇研出身で、劇団、本谷有希子とかで活躍してる吉本菜穂子、

の三人芝居。

基本は、

漫画家(宮崎)と
アシスタント(吉本)と
編集者(六角)、

の話なんだけど、

時間を超え、
空間を超え、
人格を超え、
現実を超えて、
めまぐるしく場面は変化していきます。

たとえば、
恋人同士のカズくんとヨウコちゃん、
編集者とその妻と息子、
ファミレスの店長と店員、というように。


面白かったけど、3人で2時間はさすがに長かった。

脚本、良かったけど、真ん中もうちょいつまんで短縮してくれればもっと良かったのに。

人数少ない芝居はやっぱりドラマが停滞しがち。

今回のは、いくつものシーン、いくつものキャラクターを、ファンタジックにつないでいくという、荒技ともいえる手法で、とくに前半は停滞を免れてだけど、あんなに大風呂敷を広げなくても、結末は充分受け入れられたと思う。


ひょっとこ乱舞『ジョシ』を思い出した。

『ジョシ』は、二人芝居だから、より純粋に関係性の話だったけど。

今回のも、六角さんはスパイスで、宮崎あおいと吉本菜穂子の関係性の話。

2009-02-13

アサヒ・アート・スクエア。

20090213222300
ひょっとこ乱舞の草野たかこが、初期型というパフォーマンスユニットに出るというので観に行ってきました。

アサヒ・アート・スクエア。

浅草にある、黄金色の物体が乗った建物です。

…。

雲でしょ。

悟空が乗ってるやつでしょ。

と自分に言い聞かせる。

入ってみると、トイレがハリウッドっぽい。

思わず写真を撮ってみるが、こっそりだったのであんまり上手く撮れず残念。


初期型、初めて観たのですが、なかなか楽しかったです。

赤いワンピースの男性のゲップ待ちとしか思えない最初の5分は、何かの苦行かと思うほど辛くて帰りたかったですが。

みんなが体力テストみたいなの始めてからはかなり楽しい。

合コンとか、スリラーとか。

前半のほうが好きだったな。

最後の逆立ちループもあまりピンとこず。

たぶん私は、大人数が全力で体を動かしてるとこが好きなんでしょうね。

言葉がほとんどない分、顔がより重要なんだな、って改めて思います。

欲とか見栄とか計算とか、余分三兄弟が顔に透けて見えると、観てるほうは冷める。

2009-02-12

『女王国の城』

20090212191136
有栖川有栖・著。

お風呂で着々と読み進み、やっと読了。

新興宗教の総本部で起こる連続殺人に、英都大学推理小説研究会が挑む。

部長の江神二郎を探偵とする、学生編アリスシリーズの第4長編。

学生編としては前作から15年経っています。

有栖川有栖のどこがスゴイって、キャラクター造形なんでしょうね。

作家編アリスにしても、学生編アリスにしても、キャラクターたちが際立ってる。
それが今の、マンガ全盛という時代と、それに伴うキャラ萌え小説の時代に乗ったから、他のミステリ作家から一歩抜きん出たんだろうな。

江神さんをはじめ、先輩である望月、織田のキャラクターもより強調されて、愛すべき人たちになってるし。

アリスとマリアの関係も、微妙な変化を見せている。
作中の時間は1年とか2年だけど、書いてるほうも、読んでるほうも、大人になったなぁ、みたいな。

私が言うのもおこがましいけれど、文章が技巧的になったっていう印象。

以前は、あえてなんだろうけど、起きた事実をただありのまま書いてます、っていう感じで、その潔さも好きだった。
でもやっぱり、その分、普通の作家っていうイメージも強くて。

今回は、情景、状況、心理の描写が巧み。
アリスとマリアの視点の使い分けも上手い。

作中の宗教団体が、連続殺人が起きているにも関わらず、警察の介入を頑なに拒否する謎の回収の仕方が、とても合理的だしスマート。

ミステリとしてはオーソドックスだけど、子供の遊びのようなミステリとは一線を画してる。


ということで有栖川は読み終わりまして、今は、古野まほろ『天帝のみぎわなる鳳翔』に入ってます。

ヤバイ。

あいかわらず、まほろの文章はヤバイ。

へなちょこ本番中に我慢できずに買って読み始めたけど、まほろに引きずられて、『へなちょこヴィーナス』の健やかな世界に帰ってこれなくなりそうで封印してました。

終わったので心置きなく読めます。

ルビの嵐。

2009-02-10

スプリングマン。

はい。

というわけで、へなちょヴィの折り込みチラシでも宣伝していた、次回出演作のご案内です。

ゲスト出演という形です。


スプリングマン08MIX

『REVIVE』

2009年4月17日(金)~19日(日)

@参宮橋TRANCE MISSION

words&arts
澁谷光平
movie
河嶋浩介
cast
井手昭仁、藤波瞬平、小澤雄志
guest
若林直美、金子優子

17金 19時∞金子
18土 14時∞金子
  /19時*若林
19日 13時*若林
  /17時*若林

【チケット】
前売:2500円
当日:2800円


2007年にやった、うさぎchan『シューティングガール×バイオミュージック』で作・演出をしてくれた澁谷光平さんのユニットです。

スプリングマン所属の井手くん、
スプリングマン常連の小澤さん、
澁谷さんが昨年末に作・演出をした、乙女企画★クロジ『僕の愛した冒険』に出演していた藤波瞬平さん、

の男3人芝居に、

私と、
同じく『僕の愛した冒険』に出ていた若林直美さん、

がゲスト女優として出演します。


男3人の部分は一緒で、ゲストによって展開が変わる、って感じになるんじゃないかな。

まだ舞台でしか拝見してないですが、若林さんはすごく可愛らしい方です。

澁谷さんの中に、「金子優子=可愛らしい」とかないと思うので、たぶん若林さんとは全然違うキャラクターになると思います。

楽しみだなぁ。

今日はこれから『REVIVE』のチラシ撮影です☆

2009-02-08

楽日。

20090208201349
20090208201347
『へなちょこヴィーナス』×『バンク・バン・レッスン』

全公演、無事終了いたしました!

観に来てくださった方々、
関係スタッフの皆様、
キャストの皆様、

本当にありがとうございました!

多謝!

ネタバレするから写真載せれなくて、やっと載せれます。

女子楽屋&母娘。

2009-02-08

Aキャスト。

が楽日を迎えました。

お疲れ様でした!

ダブルキャストのみんなは、自分が表じゃない時は、裏でいろいろとがんばってくれています。

『バンク・バン・レッスン』に出演しているみなさんも、舞台作業や、客席作りなど、本当にいろいろな面で『へなちょこヴィーナス』を助けてくださっています。

演出の森岡さんをはじめ、音響さん、照明さん、制作さんなどなど、たくさんの方々に支えられて芝居をしています。

ありがとうございます。

もちろん、観に来てくださった方々にも。

ありがとうございます。

あと1日。

あと1ステージ。

がんばります!


今日は、ひょっとこ乱舞を何本も観てくださってるという方がいらしてました。

たまたまだったのですが、私を覚えていてくださってて、お話させていただきました。

うれしいな。

2009-02-06

恵比寿らあめん。

20090206222423
今日は、

16時から『へなちょこヴィーナス』をやって、

19時から『バンク・バン・レッスン』を観ました。

面白かった~。

犯人役と行員役とお客様役に分かれて、強盗に備えて訓練する銀行の話で、ほとんどずっと劇中劇です。

どこまでが元々の台本どおりで、どこまでが今回のアレンジかはわからないけど、すごく遊び甲斐のある脚本だなぁ。


終わった後、田中ゆきえちゃんと、大村ひとみちゃんと、渡辺あさりちゃんと、4人でラーメンを食べに行きました。

ゆきえちゃんは、トマト味噌らあめんを食べてました。

パスタみたいな感じらしい。

イタリアーン。

明日もがんばりますっ!

2009-02-06

カーテンコール。

昨日、私のお客様で、10名様で来てくださった方々がいらっしゃったのですが、

カーテンコールで、私の名前の入ったパネルを横一列で掲げてくださって。

カーテンコールがあるとも伝えてなかったし、まさかそんなサプライズを準備していてくれるなんて思っていなかったので、びっくりしたし、うれしかったです!

ありがとうございました!

テンション上がった~。

今日もがんばりますっ!

2009-02-04

休演日。

2日目にして、いきなり休演日。

今回は2本立てで、今日は、もう片方の『バンク・バン・レッスン』が公演してました。

私も6日に観る予定。

何度か一緒に稽古もしたので、あれらがどう舞台に乗ってるのか本当に楽しみです。


今日は喉の病院に行ってきました。

共演者の、上原知美ちゃんと、多谷結衣ちゃんも来てた。

みんな喉ケアに一生懸命です。

2009-02-03

初日。

昨日小屋入りしまして。

今日が初日です。

順調です。

がんばるぞー。

2009-02-01

再・ひっそり。2

20090201223948
新唯香ちゃんと私。

添付し忘れてるし。

2009-02-01

ひっそり。3

20090201220110
まったりした人々。

2009-02-01

ひっそり。2

新唯香ちゃんと私。

可愛らしくて面白い子です。

2009-02-01

ひっそり。

20090201213952
音録りしてる間にこっそり写真撮影。

左から、前が、鈴木晶子ちゃん、依田加仁奈ちゃん。後ろが、私と、大西紗代ちゃん。

2009-02-01

ラストー!

10~22時稽古も2日目。

今日が最後の稽古です。

ここにきて喉がやばし。

本役じゃないとこで叫びすぎ。

がんばれ加湿器。
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。