--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-31

通し(・∀・)ノ



面白かったー。

今回は一匹狼なので、いつでも自由行動です。
一人新聞記者チーム。

通しをやると見えることがいっぱいあります。

写真は、神妙な顔でダメ出しを聞く人々。

と、シュッとしてる井桁雫(イゲタ・シズキ)ちゃん。
スポンサーサイト

2010-08-31

はちきれ。

張ち切れパンダ『かなりあノ声』という芝居を観てきました。

面白かったです!

役者も脚本も。

世の中、面白い芝居がいっぱいだなぁ。
キャラクターがみんな立ってて良かったー。

主役の女の子のキャラクターと、ラストシーンがちょっと既視感あるので、もう少し工夫してもらえるとナオ良かったと思います。

今日は初通し稽古!

こないだの反省を活かしてがんばるぞー。

2010-08-29

軽くね。

来週の初通しに向けて、軽く通しっぽいことをしてみました。

いやー。

ここ4日ほど、別な映画のワークショップに通っていて、毎日いろんな台本を覚えていたせいか、ぽろぽろ抜けてる台詞があって情けない。

精進せねば。

今回は、新聞記者の役です☆

2010-08-26

劇劇。

今週は2本観ました♪

☆劇団コーヒーカップオーケストラ
『WOWOW WORLD BEAU×2 BEAUTIFUL』

役者さんが魅力的で面白かったです。

先週の『二重の不実』でも会ったのですが、新撰組で共演した小澤雄志さんも観に来てました。
共通の知り合いが出演している公演なので、運命ではないですが。
にしても、今週末の小澤さんの芝居は観に行けなそうなので気まずい…。

☆黒色綺譚カナリア派
『悪役志願』

東京ヴォードヴィルショーの市川勇さんがやっぱり凄かった!
中年掃除夫、素敵だー。

2010-08-24

『広島に原爆を落とす日』

タイトル的に今回のバッコス出演者は何人か観に行っている、つかこうへい作、筧利夫主演の『広島に原爆を落とす日』を観ました。

1979年初演で、その後つかさん自身はこの作品を封印していたらしく、「幻の舞台」と言われていたのだとか。

その後、1989年、1997年と上演されているようですが、初演を含め、それらの公演では、主役は白系ロシア人の男だったみたいです。

今回のリニューアル版では、主役は広島で生まれ育った朝鮮人の男。
しかも、朝鮮の李氏王朝の王女と、日本の天皇の間に生まれたとほのめかされています。

類い稀な軍人としての才覚と、燃えるような日本国への愛を持ちながら、朝鮮人ということで決して報われない男・犬子恨一郎。

忌まわしき一族として蔑まれ、暗殺・諜報などを行う優秀な特殊工作員に育てられた女・髪百合子。

幼い頃出会い、愛し合い、引き裂かれた2人は、それでも互いを想い合う。

百合子の任務は、ドイツに渡り、病魔に蝕まれたヒトラーをあと3年生き長らえさせ、ドイツに原爆を落とさせるよう仕向けること。

犬子は、日本軍の将校として、勝つために真珠湾攻撃を指揮し、降伏するために戦艦大和を沈め、百合子への愛を貫くため広島に原爆を落とす。

流行りのJーPOPを使った歌とダンスでなされる場面転換、100%のスピードとテンションで維持する美しく膨大な台詞、歴史にフィクションを加えて読み替え、謎解きするように仕立てられた脚本など、作品としてはものすごく好きです。

ただ、戯曲といい、演出といい、演技スタイルといい、シアターコクーンみたいな公共の大劇場でおおっぴらに上演するのは違和感があります。

80年代小劇場演劇が持っていたパワーを、作品としても、役者としても、発揮できていない気がする。

以前に、小さな劇場で、チョウソンハくんと黒木メイサさんが共演した、『熱海殺人事件 ~平壌から来た女刑事~』を観たことがありますが、とても刺激的で面白かったな。

2010-08-22

最近映画観てます。


『赤目四十八瀧心中未遂』と『嫌われ松子の一生』を観ました。

テイストはぜんっぜん!違いますが、共通点の多い2作でしたね。

普通人がアンダーグラウンドな世界に転落してしまうとことか。

心中とかね。
ひょっとこ乱舞が太宰治をモチーフにした短編作品をやるらしく、先日ひょっとこ主宰の広田氏と太宰の話をしたばかりだったのでタイムリーでした。

どちらも色彩豊かですし。
もちろん、透徹した写実ゆえの禍々しさと妖しさの赤目と、ポップなキャンディカラーで飾られた淋しさに満ちた松子では、質感は全然違いますが。

松子は映画版『シカゴ』を思い出しました。
女子刑務所のシーンとかとくに。
このシーンの、“Love is life”と歌う曲が好き。

2010-08-20

『二重の不実』

次世代を担う演劇人育成公演、劇団銅鑼制作『二重の不実』を観てきました。

日本では上演記録が極めて少ないという、18世紀フランスの劇作家ピエール・マリヴォーの戯曲を、演劇集団砂地の船岩祐太という若手演出家の演出で上演。

脚本、とても面白かった。
古典もやってみたいなぁ。

演出も工夫されてて良かったです。
ビデオカメラとビニールカーテンはあまり効果的とは思えなかったですが、センターの台とそれを取り囲んだ四角い回廊という舞台装置、恋する相手を繋いだ鎖、様々なアイテムに読み替えられる大きな熊のぬいぐるみ、手紙を模した模造紙など、面白い。
携帯電話を出すのは、ぎりぎりナシな気がしますが。

勢いとスピード感のある舞台でしたが、その分、かなりアクシデントも多そうですね。
役者さんが2人回廊から落ちてこけてたし。
1人は鎖に繋がれた女の子だったんですが、客席側に落ちたし、ただでさえ鎖は客の足元を通っているため、客にケガさせそうで怖かった。

2010-08-17

無事終了!



あんまり緊張しないタチなのですが、久しぶりに緊張しました。

いっぱいしゃべったー。

ふぅ。

明日からまた稽古がんばろう!

2010-08-16

女子楽屋!


in あうるすぽっと。

15分のリハーサル終了。

本番は7時から!

2010-08-16

ランチタイム♪


ごっはん~!

今日は暑い!

2010-08-16

CM大会!


今日は、第22回池袋演劇祭のCM大会です☆

池袋演劇祭は、豊島区が主催する演劇祭で、CM大会は、この演劇祭に参加する団体が、持ち時間2分で自分たちの公演を宣伝するイベントです。

去年の忠臣蔵でも参加しましたが、2分って、ものすごいダイジェスト。

音楽で尺が決まってるので決して噛めない!

本番よりだいぶ大きい劇場だしね。

うにゃー。
緊張しまっするー。

とゆうわけで、お昼に集まって、柔軟・発声・滑舌などします!

某弁当屋に集合♪

2010-08-15

Tシャツ☆彡



今日は、稽古着を忘れた人が続出!

上田直樹くんのTシャツを小山陽子ちゃんが、石井雄一郎くんのTシャツを稲垣佳奈美ちゃんが借りてました(・∀・)ノ

そして、雨宮真梨ちゃんが『薔薇とサムライ』、私が『阿修羅城の瞳』で、新感線Tシャツかぶりしたので記念に♪♪

明日は、第22回池袋演劇祭のCM大会。
忘れ物には気をつけよう!

2010-08-15

『亞州之涙』

STUDIO HeadZプロデュース『亞州之涙 Romeo&juliette』を観てきました。

1942年、日本統治下の朝鮮半島で、出会い恋に落ちた日本兵と朝鮮人女性。
二人を応援する人々と、引き裂こうとする人々。
民族の違いが大きな隔たりとなった、戦争の時代のロミオとジュリエット、というストーリー。

うーん。

ロミジュリなら、ちょっと工夫するだけで絶対面白くなるのになぁ。

二人が恋に落ちる出会いの場面、ロミオの友人が殺され、ロミオ自身が人を殺してしまう諍いの場面、仮死状態になる薬を神父がくれる場面、すれ違いの末、二人が順に自殺してしまう場面、このへんの見せ場だけでも力入れて作れば、それだけでロミジュリになるのに。

時代設定上、各所に、日本人に虐げられる朝鮮人の姿が挿話されてて、それはいいのだけど、ロミジュリパートとの繋がりが弱くてもったいない。
やたら刀を振り回す軍国主義に染まりきった日本兵と、彼によってヒロポン中毒にされてしまう、「民族の誇り」を唱える朝鮮人女性のストーリーも、もうちょっとうまく絡めてもらえたらなぁ。

あと、トリプルキャストというシステムは、レッスン生たちの発表会感が否めない。

2010-08-15

8月15日。

今日は、終戦記念日です。

8月9日は、長崎原爆の日でした。

こうやって歴史に題材をとった作品に出ていると、1年は本当に忘れちゃいけない日ばかりです。

そんな日が積み重なって、1年になってるんだなぁ。

2010-08-14

『DIVE!!』

映画『DIVE!!』を観ました。

高さ10メートルの台から飛び出し、1.8秒の空中演技を競う、高飛び込みのお話。

実は天性の才能を持ちながら、まだそれを発揮できずにいる平凡な中学生・知季、元オリンピック選手の父親を持つ孤高のサラブレッドダイバー・要一、津軽の海で、崖から飛び込んで鍛えてきた野生ダイバー・飛沫の3人が、アメリカ帰りの女コーチ・麻木とともに、所属クラブの存続を賭け、オリンピック出場を目指す。

「ダイヤモンドの瞳」という、一瞬視界に入った映像を、静止画のように見ることができる瞬間視力を持つ知季。
その能力を表現した映像がスマートで素敵だった。

2010-08-14

戦争レクイエム三部作。

黒木和雄監督の戦争レクイエム三部作『TOMORROW 明日』、『美しい夏キリシマ』、『父と暮らせば』を観ました。

『TOMORROW 明日』だけ製作年が離れてて1988年。
あとの2作は、2002年と2004年。

『TOMORROW 明日』は、1945年8月8日から9日にかけての長崎を舞台にした作品。
恋をし、結婚をし、子供を産み、家を守る女たち。
翌日の長崎の運命を知っているだけに、何度も出てくる「明日」という言葉が何より切ない。
着るもの、食べるもの、話すことなど、戦争末期の生活の様子はとても参考になりました。
煮たあずきを嬉しそうに食べる母娘が印象的だった。

『美しい夏キリシマ』は、1945年8月の宮崎県霧島地方が舞台。
空襲で友人を見殺しにしてしまったという負い目から病を患った少年と、その周りの人々が、それぞれの受け止め方で戦争の時代を生きる姿を描く。

『父と暮らせば』は、1948年8月の広島が舞台。
原爆を生き延び、家族も友人も失って、自分だけが幸せになることはできないと思いながら、その後の3年間を生きてきた女性が、一人の男性と出会う。
彼女の心に生まれたときめきが、原爆で死んだ父親をよみがえらせる。
娘は、4日前に現れた父親の幽霊を普通に受け入れている。
その父親の存在の仕方は不思議。
押し入れを開けられるし、じゃこ味噌を作れるし、風呂を沸かせるし、いたりいなかったりする。
でも、麦茶は飲めないし、饅頭は食べられない。
父親の時間は原爆で止まっていて、原爆の後を生きた娘に、なぜ頑なに男性の求愛を拒むのかと尋ねる。
父親は、原爆という兵器に関しては被害を受けた当事者であり、かつまた、戦後を生きる人々を見る時には、映画を観る者と同じ第三者である。
「おとったん、ありがとありました」
というセリフが良かった。

どの作品も、方言がとても魅力的でした。
とくに、うちの父の実家である長崎の言葉は懐かしかった。

2010-08-08

ちゃんねるロゴス。

インターネットテレビ「ちゃんねるロゴス」という番組で、劇団バッコスの祭と、9月公演『センの風とムラサキの陽』が取り上げられました!

「shibai~平成劇団探訪記~」というコーナーの第1回です。

パソコンと、ドコモの携帯から見られるそうです。

ただ機械音痴の私にはよくわからないので、

↓バッコス稽古場日記↓↓

http://dionysia.seesaa.net/

8月4日稲垣佳奈美ちゃんの記事を見てね♪♪

2010-08-06

8月6日。


今日は、広島平和記念日です。

人類史上初めての原子爆弾が、広島に投下された日。

午前8時15分、黙祷を捧げました。

この作品を上演することになって、8月6日は私にとっても特別な日になりました。

観てくださった方にとっても、8月6日が特別な日になるよう、この作品を創っていきたいです。

2010-08-05

デスノート。

今更ながら、映画『DEATH NOTE』前後編を観ました。

マンガでは、「デスノート」というアイテム以外はリアルっぽく描こうとしていて、映画では、むしろ全体がファンタジーになっていた気がする。

現実の中にひとつだけ投入された、非現実的なルールにのっとってストーリーが進んでいくあたり、初期の西澤保彦的なものを感じる。

ただ、マンガの時から思ってたけど、正義にまつわる思想はステレオタイプ。
キラである月と、警視総監である父の対立には共感できない。

マンガとは異なる部分、デスノートの法則を利用してLが死なない、という仕掛けは素敵だった。
この一発のアイデアのために映画版はあると思う。

月の死も、死神の手による死ではなくて、もうちょっと工夫があったら良かったな。

2010-08-03

どうしよう。

戦争の本を読んでいたら眠れなくなってしまったのでブログを書きます。

焦燥感に駆られます。

これを、伝えられるのか。

たったひとつ、伝わればいい。

2010-08-01

弾丸女優。


弾丸MAMAER『上等な、死因』を観てきました。

9月のバッコスで、弾丸MAMAERの女優さん、田仲晶さんと共演します。

今回の晶さんも、素敵に弾丸でした!

早く一緒に稽古したいな♪♪

写真は、能登半島土産にもらった、エヴァ水。
零号機&弐号機。

能登半島土産ですが、採水地は鹿児島県、販売会社はめっちゃ地元。
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。

■■今後の予定■■

★劇団バッコスの祭 第29回公演
『スパルタクスの乱開発』
2016年6月3日(金)~6日(月)
@あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。