--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-09-29

小屋入り初日!


でしたー\(^_^ )( ^_^)/

のわりに、アグレッシブじゃない写真ですね。

入院中の子が1人で勉強している図ではありません。

某小道具製作中の図。

明日は場当たりだい。

おやすみなさい♪♪
スポンサーサイト

2010-09-27

涙目将軍。




衣装さんちに行って、衣装を縫ってきましたvv

自分も衣装担当していたくせに、あんまり得意ではないので悪戦苦闘しつつ。

戦時下の女学生もこうやって奉仕活動してたのかな。

明日は小屋入り。

これから最後の稽古です。

時が経つのは本当に早い!

最後まで、「顔を上げて生きる」!


写真は、変なテンションのつじはるかちゃん×2。

と、ミシンと格闘する晶先輩。

2010-09-24

コントは難しい…。


コントユニット改め身内うけユニットとなった、7%竹『地上デジタル竹』を観てきました。

オムニバス形式のコント。
身内うけユニットになったことで開き直ってますね。
主宰の武藤心平さんがやっぱり良いです。

動物電気という劇団の浜松ユタカさんと、劇団東京ミルクホールの浜本ゆたかさんが共演してて、まぎらわしい。
それもネタになってたし、ヴィジュアルは全然違うんですけどね。

やっぱり笑いは難しいなぁ。

写真は、火曜日、よく行く串揚げ屋さんで外飲みするバッコスな方々。
載せるの忘れてた。
外で飲むのも今年はもう終わりかな。
左から、しずき、晶先輩、まりんちゃん(しいたけ眼鏡)、ヒロミ・カキタニ、倉橋、丹羽隆博氏。
女子に囲まれる丹羽氏。
今回、男女比1:3ですからね。

2010-09-23

最後の…。


最後の真夏日!(たぶん)
最後のオフ!(確定)
電車に乗ったら、車両全部、床が水びたしでした…。
天井の何かが壊れてたらしい。

芝居を2本観てきました。

昼は、劇団レクラム舎『星からの伝言』。
原作は、ショートショートの神様・星新一。
「おーいでてこい」をメインストーリーに、その他にもいくつかの短編が織り込まれています。

役者さんたち、かなり年齢層高め。
40代くらいの人が多いのかな。
下は20代から、上は60代くらいまで。
年配の男女が陽気に歌い踊ってます。
役者さんたちの人柄の良さはすごく伝わった。
「おーいでてこい」は、星新一ショートとしては定番、有名な作品なのでオチがバレてる感は否めない。

夜は、総合学園ヒューマンアカデミー渋谷校 同窓会企画舞台公演『ラバーズコンチェルト』。

昭和20年暮れ。焼け野原と化した東京に、一人の復員兵が降り立った。
かつての仲間との約束を果たすために…。
同じころ、一人の少女が上京する。
新しい時代の演劇に夢を馳せ、女流作家として名を成すために…。
役者サイドに立った「あざみの物語」。そして作家サイドを描いた「かえでの物語」。
1つの歌劇団を巡る2つのドラマ。

私が観たのは、あざみ版。

この作品は、以前に上演した『ラバーズコンチェルト』の戦後を描いたものだそうです。
以前の『ラバーズコンチェルト』は、戦争前夜の昭和15年が舞台。
当局に圧力をかけられ、戦争という時勢に合わせた作品を上演すべきか、自分たちのやりたい作品を上演すべきか葛藤する歌劇団の姿を描いていた、らしいです。(当日パンフレットより)

今回の『ラバーズコンチェルト』は、戦後バラバラになった歌劇団のメンバーたちが再び集まってくる物語。

来週から始まる私たちの『センの風とムラサキの陽』も、戦時下、戦意高揚演劇を上演する劇団が、物語の片翼を担っています。
共通点が多い作品で、興味深く観劇しました。

演出があまり素敵じゃなかった。
序盤がたっぷりで、後半早足だったのも残念。
ラストはやっぱり、劇中劇の1場面くらいはやってほしかったな。

2010-09-21

鋼鉄村松。


劇団鋼鉄村松『俺が彼女を好きなことを神にすらきづかせない』を観てきました。

劇団鋼鉄村松の方々は、ボス村松さん、ムラマツベスさん、村松かずおさん、キラー村松Jr.さん、サラリーマン村松さん、バブルムラマツさん、といった感じの名前で、誰が誰やらわからなくなりそうです…。

十九世紀っぽい時代、フランスっぽい国。
力を無くし、ただ名誉だけを守る貴族達と、そんな貴族に成り代わろうとする市民達。
人々の間では、自らの名誉を誇示する儀式として決闘が再び流行しはじめていた。
そんな中、「決闘の介添人」をビジネスにすることを思い付いた男、ギュスターブ。
彼は誰にも知られてはならない秘密の片想いを抱えていた。

といったお話。

ストーリー自体は面白かったのですが、2時間10分は長い!!
決闘が現代的なトピックじゃないので、自分を顧みることもないし。

男性陣、シルエットが似てる人が多い。
身長170cmくらいで、ちょっとぽっちゃりな人ばかり。
そして女性陣に華がない。
1人くらい、どばーっと華がある人がいればなぁ。


写真は、つかっぽい私。
こんな衣装ではありません。

2010-09-20

ファルコン♪♪


elePHANTMoon『心の余白にわずかな涙を』という舞台を観てきました。

障害児、在日韓国人、両性具有、不妊、自殺、離婚、植物状態の恋人、食物アレルギーなど、一人一人の登場人物が抱えているものが多すぎて、言いたいことがわからなかった。
現代社会の病理を並べたみたい。
教会を舞台にしていたり、性的な描写が多かったりすることに意味があるのかな。
意味があるということが無意味、という主張なのかな。
最近こういう作風が流行ってますね。
とくに目新しさも惹かれるとこもあまりなかった。
以前観た作品のほうが好きだったな。

今日もラーメンを食べに行きましたvv
メンバーは、小山陽子ちゃん、田仲晶先輩、上田直樹くん。

ちょっとファルコン話で盛り上がりすぎましたね\(^_^ )( ^_^)/

ファルコンは、映画『ネバーエンディングストーリー』に出てくる、幸せの白い竜。
竜だけど犬顔。
ラーメン屋で、その顔マネをするのが大流行(・∀・)ノ
稽古場でも大流行の予感☆

2010-09-19

スカイツリー!




まんまとだまされたー。

写真は、スカイツリーじゃあありません。

稽古場近くの鉄塔(?)
石井くんが、「スカイツリーが見えるよ!」って言うからてっきり…。
残念!

帰りの電車。
昭和の似合う佳奈美ちゃん(左)と、切な顔の似合う晶先輩(右)。
新たな2人組が登場しました。

そして、謎のテンションの私。
横にしゅばっとなってるのは、たぶん柿谷さん。

2010-09-17

夜勤ガールズ**




最近、小山陽子ちゃんと一緒に帰ることが多いです。

なぜなら2人とも夜勤ちゃんだから!
休みの曜日も一緒(・∀・)ノ

みんなより一足先に稽古場を出てきたのに、電車が全然来なくてメトロのホームで遊ぶ2人(笑)

なにやってんだか。

今日も通しをしました♪
良くなってきた!
もっともっと!

明日は昼から稽古だい。
がんばろうね、陽子!

2010-09-15

凹。

最近は稽古の最初、アップとしてボールを使った遊びをしていますー。
バスケとか野球とかサッカーとか。
屋内なので小規模ですが、楽しい♪♪
が、本日、楽しくなりすぎてコケて、机の角で後頭部を強打してしまいました。

顔面を強打したことは過去にも数回あるのですが、後頭部は初めてです。

なんかショックが激しい…!

ダメージはそんなでもなかったのですが、ショックで思わず泣いてしまいました。

むむ。
皆様、お騒がせしてごめんなさい。
大丈夫です。


さて。
今回、自分のセリフの重要そうなワードに線を引いてみたら、線だらけになった!
うー。
役者としては嬉しいけれど緊張します!
集中集中!

2010-09-13

寝不足ライフ。



帰りの電車は危うく乗り過ごしそうになるほど眠いのですが、家に帰ると元気になってしまう病にかかってます(;^_^A

昨日も、ミブロ!DVDを観てしまって寝不足だったので、今日こそ寝るぞ、と決めていたのに…。

今回の公演は、舞台上にたくさん物を置きたい、ということで、劇団側から、いらない物を提供してください、とお願いされていて、これまでにも何度か家中をひっくり返していまして、今日も帰ってみると、ひっくり魂に火がついてしまいました。

するとねぇ。
あるんですねぇ。
物がいっぱい。

小さい頃大切にしてた玩具とか、学生時代の教科書やノートとか、芝居のチラシとか、B'zのツアーグッズとか…。

そして、やりだすと止まらないのが私の悪い癖。

気づけば今日もこんな時間に!
寝なきゃ!

今日も、田仲晶さん、柿谷広美さん、小山陽子ちゃんとごはん食べて帰りました♪♪

ラーメン美味しかった~vv

2010-09-11

ミブロ!ダイジェスト!


私も出演している、劇団バッコスの祭前回公演『ミブロ!~新撰組転落記~』ダイジェスト版が、YouTubeにアップされています(≧▼≦)

めっちゃカッコイイです!!

みんなのアップがばーん!
みんなの決め台詞がばーん!
局中法度がばーん!
日輪がばーん!

ですっ!!

「劇団バッコスの祭」で検索すると出てきますので、ぜひぜひ見てみてくださいo(^∇^o)(o^∇^)o

写真は、ミブロ!で主役の藤堂平助をやった辻明佳ちゃんvv

2010-09-10

長い1日…。






昨日の稽古後、田仲晶さんオススメの定食屋さんに行きました(^ .^)y-~~~

参加者は、小山陽子ちゃん、晶さん、井桁雫ちゃん、柿谷広美さん。

私は、サバ塩焼き定食。
うま~♪
みんな肉で、私だけ魚チョイスでした。

その後、陽子と雫は帰って、柿谷さん、晶さん、私という、またも年長3人組でマックへ。

そして、終電で帰る柿谷さんを見送り、晶さんと私の地元のファミレスへ。

私のうちに泊まるはずが、家の前で延々しゃべり、朝マックして、晶さんは仕事に行きました。

あの人、まじでタフネス。
私はこれから寝ます。
晶さんがんばってー。

2010-09-07

『エリザベート』

ミュージカル『エリザベート』を観に行きました。

タイトルロールであるエリザベート(朝海ひかる)と、ストーリーテーラーであるルキーニ(高嶋政宏)の歌が聞き取れない。
エリザベートは、声が綺麗じゃない…。
ルキーニはなんかうるさい。
エリザベートが出てこないニ幕の中盤が一番集中できた。

トートダンサーズはやっぱり素敵だった。
あんなに半裸にならなくてもいいと思うけど。
死神の眷属とか、人ならざる者ってやってみたい。

今日も通しでした。
うーん。
一進一退!

2010-09-06

永遠の翼があるなら。

特攻に行く若者たちを描いた映画を2本観ました。
『君を忘れない』と、『俺は、君のためにこそ死ににいく』。

偶然ですが、両方観てちょうどバランスが取れた気がします。

テイストは全然違いますが、どっちにも白い犬と戸田菜穂が出てきて、なんか微妙にかぶってます。

『君を忘れない』の明るさに違和感がないわけではないけれど、でも、明るくても悲しいし、伝わる。
唐沢寿明と松村邦洋が良かった。

『俺は、君のためにこそ死ににいく』は、悲壮さを全面に出した作品。
「死なないで」って言えない状況だったと思う。
その一言の重みがすごい。
魂の平和を祈ることしかできないなんて本当に辛い。

主題歌であるB'zの『永遠の翼』が、改めて良い曲でした!
稲葉さん天才!
松本さんももちろん天才!

2010-09-05

まつや。



今日は1日稽古でした!

休憩中にみんなで松屋に行ったよ(≧ω≦)

左から、晶さん、柿谷さん、私、丹羽隆博くん、作・演出の森山智仁氏。

写真撮ってくれたのは、稲垣佳奈美ちゃん。

そんな松屋を通りすがる石井くんと、上田直樹くん。

新撰組の稽古で行って以来の松屋☆
久々に行くと楽しいですね♪

今日は、目覚まし時計である携帯電話をバッグに入れたまま寝ちゃってて、1時間寝坊したのに間に合いました!
あぶな!

2010-09-03

今日も稽古!明日も稽古!




夏を追いかけるようにアイスを食べる辻明佳ちゃん。

と、ゼリーを掲げる柿谷広美さん。

写真を撮ってくれ、と頼んだら自分を撮ってた石井くん。

で、撮ってもらった写真。
年長3人組。
左から、私、柿谷さん、田仲晶さん。
しんけん!

明日は昼から稽古です。
残り1ヶ月、がんばろうー!

2010-09-02

こっそり。


ダメ出しをする演出家の周りに潜んでいます。

黒いほうが石井雄一郎くん、白いほうが私。

なんか、妖怪ぽい。
本編でも妖怪っぽいうちらです。
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。

■■今後の予定■■

★劇団バッコスの祭 第29回公演
『スパルタクスの乱開発』
2016年6月3日(金)~6日(月)
@あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。