--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-07-30

後半。

観劇日記、今月後半。
もう7月も終わりですね~。

■エンターテイメントパフォーマンス劇団SSP
『太陽の旅人』

前回の『メゾン・ド・ウィリアム』に引き続き、今回の『センの風とムラサキの陽』でも共演する杉本仕主也さんの劇団。
去年のムラサキを観てオーディションに参加してくれて、今回一緒にやることになった水島智穂さんも出てます。
メゾンで共演した引野清香ちゃんも出演。
「イラヨイ月夜浜」「豊年音頭」「唐船ドーイ」「十九の春」など、沖縄ソングが懐かしい。

■劇団鋼鉄村松
『鋼鉄の処女』

イギリスとの終わりのない戦いを続ける中世フランスを舞台に、殺人鬼「青髭公」と、2人の「ジャンヌ・ダルク」をめぐる物語。
ジャンヌ2人の役割分担は良かったけど、肝心の青髭とジャンヌの繋がりの部分が、青髭の心情の独白だけなので、あんまり有機的に作用してる感じがしない。

■3.14ch
『葉山』

お手伝いでスタッフに入ってるという他劇団の役者さんの前説が、素朴かつ面白くて好感度高い。
可愛くてスタイルの良い女子たち(複数なのが大事)が、水着姿を披露してくれるだけでだいぶ満足。
ミステリー要素を入れられてしまうと、伏線やらガジェットやら謎解きやらが気になってしまうのが僕の悪い癖。

■身内うけユニット7%竹『プラすマイなす竹』

月刊「根本宗子」という劇団を主宰してる根本宗子さんの顔筋が良かった。
スポンサーサイト

2011-07-22

フラ。


池袋東武でやってるハワイアン&リゾートフェスタで、友達がフラを踊るということで観に行ってきました。

デパートに集うご婦人方、という普段接しない人々の生態や価値観が興味深い。

見せることを生業にしている先生と、趣味でフラを習っている生徒たちの明らかな差はあるけど、歌い踊るのは人間の根源的な喜び。

歌い踊る人々を見るのも人間の根源的な喜び。

フラは、花や雨や風や自然のものを慈しむ踊りだから、八百万に神を見出だす日本人には受け容れやすいのかな。

2011-07-21

台風??


結局、行きも帰りも降ってないー!

浴衣祭り、ふつかめ☆★

そろそろ前髪切ろうかなぁ…。

2011-07-20

夏気分。


浴衣祭りww

いちにちめ。

いぇい!

先日、『閻魔堂コロシアム』を観に来てくださった方にいただいた、かんざしを差してみました(≧▼≦)

綺麗な色で、飴玉みたいで本当に可愛い♪♪

角度が難しくてあんまり写らなかったけど…。

2011-07-19

はぴば×2。



今日7月19日は、劇団員・丹羽隆博くんの誕生日。

明日20日は、The Dusty Wallsという劇団から今回参加してくれる西郷豊さんの誕生日。

というわけで、今日の休憩中に合同誕生日会をやりました♪
(明日は稽古休みなので)

辻さんがチーズケーキを作ってきてくれたのですが、これが激美味ww
さすが辻さん!
カフェバッコス開けるね!

2011-07-19

ついったー。



Twitterで、劇団バッコスの祭公式アカウントを開設しました!

アカウント名は、

@bacchus_matsuri

です!

Twitterやってる方、ぜひぜひフォローしてやってください♪

個人アカウントを持ってない団員・丹羽隆博氏もたまに現れると思いますw

写真は、上野動物園土産のパンダ人形焼きと雨宮真梨嬢。

あんにゅいな丹羽氏と辻明佳女史。
ムラサキの主役きょうだい。

2011-07-16

観劇。

今月は久々に多いです。
まず前半。


■コメディユニット磯川家
『きょうの日は~strawberry once sketchbooks~』

前から2列目下手端に座ったら、舞台奥の面白いことが見えなくて残念。
主役の女の子が魅力的に見えなくて残念。

■アチション!
『思いだせないロクデナシ~大規模泥酔の夜に~』

最近ほぼ同じような設定の洋画あったよね…。
東電受付嬢の子の演説はないなー。

■ぬいぐるみハンター
『愛情爆心地はボクのココ』

カラフルで可愛い。
嫌いじゃないけど、好きに至るだめ押しはなかった。
オープニング、みんながはしゃいでるシーン、全然動きづらそうな格好じゃないのにみんな動きづらそうで、はしゃいでるというより、はしゃがされてるように見える。
劇団所属の役者さんが1人しかいなくて、劇団とはなんぞや?って思った。

■DEAD STOCK UNION
『民宿チャーチの熱い夜9』

私が参加してからもう2年経つんですね。
今年はなんだかちょっと雰囲気が違う。
男性陣でキャラが立ってる人が多いのが強味ですね。

■GEKIBAプロデュース
『アロハ色のヒーロー』

とりあえず発声をちゃんとやってほしい。
ただがむしゃらに声を出す人が多く、がんがん耳に当たる声ばかりで辛い。
聞いていたい声でしゃべってくれないと聞く気をなくす。
マイクの音量も下げてほしい。

2011-07-14

読書。

久しぶりに読書日記。

■西澤保彦『必然という名の偶然』

短編6本の連作ミステリー、という帯文句ですが、連作っていうほどは繋がってないような。

あと、昔より含みを持たせたラストにするようになったなぁ。
以前はもっと毒があって突き放す感じが強かったけど。
『解体諸因』が傑作すぎた。
って『解体諸因』読み返したら起きる時間になっちゃう!
でも読みたい!

■近藤史恵『サヴァイヴ』

こちらも短編集。

長年私の中のベストワンであり続けている『サクリファイス』のシリーズ最新作。

同じレースに出る同じチームの選手でありながら、「エース」と「アシスト」は果たす役割がまったく違う、自転車ロードレースの世界のお話。

それぞれ、
『サクリファイス』の主人公・白石誓、
誓の同期・伊庭、
誓と伊庭の先輩である石尾と赤城(×3本)、
誓、
を主人公とした短編6本。

石尾と赤城の、「プロトンの中の孤独」と「レミング」が良かった。

誓のキャラが、シリーズ2作目『エデン』といい、今回の短編2本といい、冴えないのはなんでなんだろう。

やっぱり『サクリファイス』の主人公として生まれたのであって、キャラとしては無色透明すぎるのかなぁ。

描かれる誓の性格は好感持てるのに、なんか引っかからない。通りすぎてく。

伊庭や赤城や石尾は魅力的。

2011-07-06

帰ってきたょ。


サイバー∴サイコロジック『閻魔堂コロシアム』、無事終演しました!

ご来場くださった皆様、本当にありがとうございますm(__)m

1年半ぶりにバッコス以外の公演に参加して、いろいろ学んで帰ってきましたよー。

劇団バッコスの祭 第17回公演『センの風とムラサキの陽』の稽古が昨日から始まりました。

劇団にとっては3回目、私にとっては2回目のムラサキです。

脚本も改訂されるし、初めて一緒にやるメンバーもいます。

楽しみww

池袋演劇祭優秀賞受賞作品『センの風とムラサキの陽』、帰ってきます!



『閻魔堂コロシアム』で私が見つめていた写真が、金沢啓太くんではなく、粟根まことさんだったことは秘密ですww
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。

■■今後の予定■■

★劇団バッコスの祭 第29回公演
『スパルタクスの乱開発』
2016年6月3日(金)~6日(月)
@あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。