--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-30

夏が終わる。



8月観劇日記。


■少年社中『モマの火星探検記』
宇宙飛行士の毛利衛さんの小説が原作。
目新しさはないものの、安定のクォリティ。
男性陣の腕筋ばかり見てしまう。
といいつつ泣いたんだけど。

■旋風計画『ピグマリオン~人形たちの協奏曲~』
ストーリーは、『マイ・フェア・レディ』。
やっぱりよくできていないキャラメルボックスに見えてしまうな。しょうがないか。
衣装も微妙。女物は時代がはっきり出るからな。
最後結ばれる男女の、互いの恋愛感情の伏線が、演技的になさすぎて納得いかない。

■劇団6番シード『ボイルド・シュリンプ&クラブ』
6ヶ月連続公演ファイナル。
連続公演だからか、初日だからか、2話構成だからか、主演の方がセリフ飛びまくってて、観てるこちらが気まずい。
探偵が謎解きでセリフ飛ぶと、ミステリーの意味わからん。
3月公演はさすがのクォリティだと思ったんだけど、劇団に対する信頼揺らいでしまった。

■カムヰヤッセン『そうか、君は先に行くのか』やぶからし編
久しぶりに観たカムヰ。
普通に面白いけど圧倒的ではない。
片方しか観れなかったけど、両ヴァージョン観れたらより楽しめたんだろうな。

■LIPS*S『春までの距離』
楽しかったけど、上田くんをもっと観たかったな。
上田くん、バッコスだとだいたいほんわかしてるけど、LIPS*Sだとダークな役柄だね(笑)それはそれで萌え。
ファンタジーは難しい!

■ロリータ男爵『はんぶん隠し味』
これを楽しめるのが小劇場なのか。
楽しかったけど、大爆笑はしないなぁ。
歌は好き。残る。
あと、客席をキャストがまたいでいく演出がすごい。
こんなことやるのか!

■各駅停車『そこそこの写真』
父親が余命2ヶ月と宣告され、父親しかつながっていない5人姉妹が実家に帰ってくる。
人として未熟な父親への、姉妹たちの憎しみが生々しい。
リアルっちゃリアルだけど、ヴィジュアル的に華のある役者さんが1人くらいいたら楽しかったな。
スポンサーサイト

2012-08-25

最優秀賞!


第24回池袋演劇祭の前哨戦であるCM大会が昨日、サンシャインシティの噴水広場で開催され、劇団バッコスの祭が最優秀賞に選ばれました!

パフォーマンスとしては自信がありましたが。

昨年から始まったCM大会賞の初代受賞団体なので今年はもらえないかも、という不安と。

昨年までは劇場で行われていたCM大会が、サンシャインシティの噴水広場に場を移したことで様々な変更点があり、うまくいかないこともいくつかあって、もしかしたらダメかもという緊張感でいっぱいでした。

劇団員しか参加できなかったCM大会の懇親会と、座組のメンバーが待機する居酒屋を電話で結んで、どきどきの結果発表!

こちらでは総員ガッツポーズでしたが、あちらでは感涙の嵐だったそうです。

みんな、ありがとう!!
本番もがんばろうね(*^ー^)ノ♪

2012-08-23

赤坂ボーイズキャバレー。


今月の観劇日記は後でまとめて更新するとして。
とりあえず粟根さん感想。

■『abc★赤坂ボーイズキャバレー3回表‐自分に喝を入れて勝つ!‐』

若手イケメンたちの舞台。
あ、若手じゃない人もちらほら。
総勢24人。覚えられないよ!
役名書いた当パンくれ。

42歳の粟根さん目当ての私はアウェイかと思いきや、実は粟根さんファンが一番多いんじゃないかしら。

ダンスと殺陣以外どうなることかと思ったけど、後半、劇中劇が始まってからはかなり楽しかった。
粟根さんの剣殺陣もあったし!
上手な人の殺陣は勉強になります。憧れ。
劇中のトラブル発生から、実際の客席にキャストがなだれうって入ってきて、客席通路でみんなが叫んでるシーンはとても良かった。
あと、カーテンコールでジャズダンス踊る粟根さん萌え。
久しぶりに踊る粟根さん見たぁ。

このシリーズは初めて観たけど、毎回こんな感じなのかな。
劇中劇『赤坂ボーイズキャバレー』を創ろうとしている役者たち、演出家、プロデューサーのお話。
序盤はそれぞれの自己紹介のシーンがつづく。
そのシーンがあるからこそ、後半の劇中劇のキャラやドラマが生きるんだけど、それぞれの自己紹介の出来がけっこうまばらで、印象に残る人と残らない人がいて、残らないと後半まで誰だかわからない残念。
劇中劇で言ったら赤青黄チームは識別できたが、一番多い茉莉花チームが微妙。
茉莉花が主役チームなはずなんだけどな。
にしても、バックステージものはやはり身につまされます。

開演前にキャストがロビーや客席をうろうろしてたり、客席を舞台として使ったり、キャスト全員でヌード(さらしちゃダメなとこは隠してます。明るくなるのは一瞬×3)になったり、かなりイケメンファンを意識した作り。
テニミュが始まった当初はともかく、もう若手イケメンも供給過多だからファンが分散してしまって、これだけイケメン人数出しても、さすがに平日夜は客席が埋まらないのね、と後ろ3分の1が空いた赤坂ACTシアターを見ながら、イケメンビジネスも次なる1手が必要ね。と謎の感慨を抱く。

でもまあ、ファンサービスのお祭りっぽい公演だから、脚本がどうの演出がどうの演技がどうのというお芝居ではないので、粟根さんのような大人が参加するのはやっぱりちょっと無理があるかもね。
粟根さんに腹話術の要素とか別にいらんしね。
ていうか、イザベラ(粟根さんの相棒の人形)がいなくなった事件解決してない(笑)

以前にやった『abbey』みたいに、イケメンメインながら、粟根さんが押さえるところはちゃんと押さえた芝居する、みたいなほうがやっぱり観たいな。

2012-08-18

ポッピングシャワー!!


『白虎隊風雲録 コダマ!』、順調に稽古しております。

今回のイメージは、

ポッピングシャワー!!

昨日、1年ぶりくらいにサーティワンに行ったので、たとえてみました(笑)

ポッピングシャワーは、ミントの香りのエメラルドグリーンのアイスクリームに、ぱちぱち弾けるカラフルなつぶつぶキャンディが入った、サーティワン人気ナンバーワンのフレーヴァー。

ようは、爽やかで清涼感あふれておる、と!

チラシの竹林の、光と緑がイメージぴったりな作品です。

ぜひご期待ください!

さてさて、そんな本編の前に、今月8/24(金)に、第24回池袋演劇祭のCM大会があります。

各参加団体が持ち時間2分で作品のアピールを行うイベントで、バッコスは毎回CM大会のために凝った演出を作り、好評をいただいております。

昨年は、初めて設定されたCM大会賞の初代受賞団体となりました!

今年は、最優秀賞、優秀賞、特別賞など賞も増え、ますます楽しみなイベントになっています♪

というわけで、そちらの稽古も同時進行で行っております。

まずは24日、CM大会最優秀賞、そして来月、本編で今年こそ池袋演劇祭大賞をとりたいと思います!

CM大会は、8/24(金) 17:30~19:30、池袋サンシャインシティ アルパ地下1階 噴水広場にて。

アイドルとかがよくライブしてたりするあそこです。
ふだん演劇を観ない方にも馴染みのある商業施設でやらせていただけるので、こちらもいつも以上に気合いが入っております!

無料でどなたでもご覧いただけます。

どうぞ、よろしくお願いします♪

2012-08-03

コダマ!


8月になりました!

今年4本目の舞台のお知らせです。
今年はこれで終わり。

バッコス恒例、夏の公演です。
今年も参加しますよ、池袋演劇祭!
今度こそ大賞を!!

8月24日(金)17:30~19:30には、この第24回池袋演劇祭のCM大会が行われます。

参加団体が持ち時間2分で作品のアピールを行うイベントで、バッコスは毎回凝った演出で好評をいただいております。
前回から設定されたCM大会賞の第1回勝者となり、今回も連覇を狙っております!

今年のCM大会はなんと、池袋サンシャインシティ アルパ地下1階の噴水広場でやっちゃうそうです!
あの、よくアイドルとかがライブしてたりするあそこです!
ふだん劇場に来ない方々にも馴染みのある商業施設でやりますので、ぜひぜひ覗きにきてみてください。

さて、コダマ!本編の公演情報はコチラです↓↓

よろしくお願いいたします!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
劇団バッコスの祭 第20回公演
『白虎隊風雲録 コダマ!』
第24回池袋演劇祭参加作品
作・演出=森山智仁

「精霊の姿は子供にしか見えない」
それは戦時とて同じ。
慶応四年、最新式の銃を携えて押し寄せる新政府軍に対し、
年端もいかぬ子供たちばかりで一隊を組織したのは、
会津藩主松平容保、一世一代の賭けであった。
アテルイ、藤原秀衡、伊達政宗、そしてアイヌの戦士たち……
みちのくの英雄たちが時空を超えて蘇る。

【日時】
2012年9月26日(水)~10月1日(月)
26日(水)19:30
27日(木)14:00/19:30
28日(金)19:00
29日(土)14:00/19:00
30日(日)14:00/19:00
1日(月)15:00
(全9回)

【会場】
シアターグリーン BIG TREE THEATER
(池袋駅より徒歩10分)
豊島区南池袋2-20-4
http://www.theater-green.com/

【チケット料金】
前売 3,000円
当日 3,300円
●最初三回割引 2,800円(要予約)
●学割 2,500円(要予約)
●勝手にグリーン割 2,500円(要予約・詳細はwebへ)
●早割 2,500円(要予約・詳細はwebへ)

【ご予約】
以下のアドレスから金子優子の扱いでご予約いただけます。
フォームに必要事項をご記入ください。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=yvk7hr1n11e5u8e6

劇団バッコスの祭
bacoma_info@yahoo.co.jp(予約管理)
http://www.geocities.jp/bacoma_info/(公式サイト)
http://www.geocities.jp/bacoma_info/m/(携帯サイト)
http://twitter.com/#!/bacchus_matsuri(ツイッターにて「セリフちょい出し!」実施中)
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。

■■今後の予定■■

★劇団バッコスの祭 第29回公演
『スパルタクスの乱開発』
2016年6月3日(金)~6日(月)
@あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。