--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-25

3月観劇日記。


お久しぶりの観劇日記。

■エンターテイメントパフォーマンス集団SSP『Up With Future』
主宰・作・演出の杉本仕主也さんの素晴らしいホスピタリティによって、めずらしく観客参加型も嫌ではなかった。

■643ノゲッツー『ろだん』
主人公の夫が失踪した経緯が、台本上では謎解きされていたのかもしれないが、こちらには二転三転する展開のどれが事実だったのか伝わらずすっきりしなかった。
「みんなでお線香あげてくれませんか?」という台詞は素敵だったけど、サイドストーリーのはずのおばあちゃんの死に、ラスト持ってかれたのはどうだろう。

■Seiren Musical Project『SHIROH』
劇団☆新感線のロックミュージカルを、曲やキャラクターを若干削って上演。
新感線版は、上川隆也さん、中川晃教さん、高橋由美子さん、杏子さん、植本潤さん、池田成志さん、泉見洋平さん、吉野圭吾さん、秋山奈津子さん、大塚ちひろさん、江守徹さんや、新感線メンバーなどが出演していて、出演者の魅力でもってる部分がかなりある。
その隙間を埋めるだけの何かがないと。
曲はものすごく好きなのだけど、もともとストーリー自体はちょっと強引な部分もある戯曲だからやはり難しい。
とくに2幕の伊豆守の陰謀あたりからは、説明に次ぐ説明で、かなり集中して聞いていないと理解できない。
1幕をもう少しコンパクトにして、2幕を丁寧にやったほうがよかったな。
「光を我らに」が削られてて、あれがないと2幕は本当に辛いシーンばっかりで観客も体力がいる。
役者、演出、衣装などやはり拙さが目立つ。
アンサンブルの数が少なすぎて迫力が足りないし、洋装の女性陣とアンサンブルの衣装がとくに中途半端。
ラスト、自分の命と引き換えに不思議な力を発揮して大切な人を蘇らせた四郎が、一度倒れてから立ち上がる演出はいらないな。
後ろの立っている人たちみんな死人なんだから、そのまま立ち上がればよかった。
ただ新感線版だと上川さんがやっていた四郎を若い役者さんがやったことで、四郎というレーゾンデートルに悩む青年の姿はよりわかりやすくなった。

■劇団40CARAT『空っぽの青空の下であなたを抱きしめたい』
シェイクスピアの『ハムレット』とテネシー・ウィリアムズの『財産没収』をモチーフにした作品。
この劇団は2回目ですが、古典の使い方が上手い。
生演奏と台詞が素敵。
冒頭があんまり上手くないな。
こういう始まり方だったらヤダなぁと思ってた始まり方をした。
初っぱなって大事。
あと、シェイクスピアがやっぱり偉大。
主人公の親友3人とか、劇中劇をする女の子5人組とか、シェイクスピアぽい要素が面白かった。

■劇団スクランブル『Gangster Report』
ギャングのボスを殺したボスの愛人とボスの秘書。ボスに呼ばれて来た3人の殺し屋。商談に来た敵対組織のボス。潜入した捜査官。けじめをつけにきた秘書の妻。追ってきた秘書の妻の恋人。
よくある登場人物設定ながら、みんな予想外のキャラクターで面白かった。
とくに3人の殺し屋が全員女という設定は、話だけ聞いたら無理がありそうだけど、実際見たらとても良かった。
それぞれにそれぞれの事情があり、それぞれの思惑に生きてるのがイラッとしつつも魅力的。
聞き取りづらい台詞がけっこうあったのが残念。
最後のオチがもうひと工夫あったらなお良かったかも。
スポンサーサイト

2014-03-16

パンゲア受付開始!


昨日より受付開始いたしました!

私は、「南極大陸」役です!

六大陸擬人化です!

大陸役をやれるなんて、バッコスで演劇をやる醍醐味の最たるものではないでしょうか。
人外の役は本当にやりがいがあります。
稽古開始が待ち遠しい…!


□□□□□□□□□□□□□□□□□□

劇団バッコスの祭 第1回規格外企画公演『パンゲア』
作・演出=森山智仁

かつて六大陸は一つの大地だった。
悠久の時の中で、命は母なる海より陸へ上がり、八百万に姿を変えながらただ一つの庭に遊ぶ。
やがて降り注ぐ流星、幾重にも訪れる氷の時代、岩盤と共に引き裂かれた絆。
人類の叡智は、彼らを繋ぐ鎖となるか。

●日時
2014年5月15日(木)~25日(日)
15日(木)19:30
16日(金)19:30
17日(土)14:00/18:00
18日(日)13:00/17:00
19日(月)19:00
20日(火)14:00/19:00
21日(水)19:30
22日(木)14:00/19:00
23日(金)19:00
24日(土)14:00/18:00
25日(日)13:00/17:00

※受付開始・開場は開演の30分前です。
※公演日によって開演時間が異なりますのでご注意ください。

●会場
Performing Gallery & Cafe 絵空箱
東京都新宿区山吹町361
有楽町線「江戸川橋」徒歩2分
東西線「神楽坂」徒歩9分

●料金
前売3000円 / 当日3300円
ワンドリンク付き!(終演後バータイム有り)

●キャスト
学者ウェゲナー 丹羽隆博(劇団バッコスの祭)
助手エリザ 斉藤優紀

ユーラシア大陸 長野諒子
アフリカ大陸 熊谷祐弥(643ノゲッツー)
北アメリカ大陸 小松金太郎(The Dusty Walls)
南アメリカ大陸 愛梨(劇団バッコスの祭)
オーストラリア大陸 辻明佳(劇団バッコスの祭)
南極大陸 金子優子(劇団バッコスの祭)

敬虔な女 新本明恵
悪魔 古崎彩夏(劇団バッコスの祭)

【ご予約】
以下のアドレスから金子優子の扱いでご予約いただけます。
フォームに必要事項をご記入ください。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=3d3rqt0vb0sz0gkt


よろしくお願いいたします!

2014-03-12

えんぶチャート!


演劇ぶっく「えんぶチャート2013 俳優部門」に載りました!!

これは、演劇ぶっくという雑誌が主催する、読者とHP会員の投票による、昨年の舞台作品と俳優のランキングです。

一応、二桁得票!
右ページ(半分より前)に載ってる!
周りもお名前を拝見したことのある方々ばかり!
(劇団バッコスの祭)ってあるし私のことだよな!

と舞い上がってしまいました。
久しぶりに演劇ぶっくを買いました(笑)

本当にありがとうございます。
とても嬉しいです!!
まだまだヒヨッコですが、これからも精進してまいります!
どうぞよろしくお願いいたします(σ≧▽≦)σ

2014-03-09

日本科学未来館!


以前からずっと行きたいと思っていた日本科学未来館に、バッコス劇団員で行ってきました!

午前中に用事があり午後から入ったのですが、1日あっても足りないくらいの盛り沢山な内容で、とりあえず一通り駆け足で見てきましたが、またゆっくり来たいと思いました。

ネットワーク・デジタル表現・情報社会・くらし・モノづくり・ロボットなどの「未来をつくる」と題された3階と、宇宙・人間・生命・地球環境・太陽系・医療・地球などの「世界をさぐる」と題された5階で、多岐にわたる常設展示があり、また1階では企画展示(ゴールデンウィークまでは「世界一展」)、6階には3D映像を使用した立体視プラネタリウムなどが見られるドームシアターガイアがあります。

見るだけじゃない工夫が随所にあり、子供もたくさん楽しんでいました(^_^)v

5月にバッコスが上演する第1回規格外企画公演が、大陸移動説を提唱したドイツの学者アルフレッド・ウェゲナーをモチーフにした『パンゲア』という作品なので、最近、地球が気になってしかたありません。

7階までの吹き抜けに浮かぶジオ・コスモス(有機ELパネルを使った世界初の大型地球ディスプレイ)がずっと自転していて、とても素敵でした。
ジオ・コスモスは、気象衛星から送られてきた半日前までの画像を加工し、時間を短縮して映し出しているそうです。

パンゲアのお守りに、ちっちゃい地球パズルキーホルダーを買いました!

この『パンゲア』のチラシ写真も先月撮影してきましたが、とても可愛い感じに仕上がっております♪
今月中旬にはお目見えすると思いますので、こちらもどうぞお楽しみに!!
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。