--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-16

味の素スタジアム!


行ってきました!
B'z LIVE-GYM2015 EPIC NIGHT 味の素スタジアム!
2度目のEPIC NIGHT!

稲葉さんの雨男も無事、回避できまして!
稲葉さんがMCで仰ってましたが、周囲のみなさんが、稲葉さんに隠れてこっそり週間天気予報をチェックしてる姿を想像すると微笑ましい(笑)

味の素スタジアム広いー!遠いー!(笑)
同じ時間と空間を共有できるだけで幸せですけど、やっぱり横浜アリーナが恵まれてたのだなあ、と改めて。

演出もスタジアム仕様になっていました。

開演30分前くらいから、上手、下手それぞれに、クレーンで吊り上げられたレースカーが4台づつディスプレイされる。
同様に、クレーンに吊られた巨大なピンクブラジャーが運ばれてきて、ステージと客席の間の地面に寝かされる。
堂々と運んできたわりに、黒い幕でそれを覆うスタッフさんたち。
隠したいのか、見せびらかしたいのか、何なのか(笑)

ステージ上に置かれていた『EPIC DAY』のジャケットパネルから赤い風船が飛び立っていき、ライブが始まりました。

1曲目は最新シングル『RED』。
この曲のサビは、頭文字がそれぞれ「R」「E」「D」で始まります。このように↓
「楽はしない 偉ぶらない 誰のせいにもしない」
「礼を尽くし 栄華を捨て 泥まみれにもなろう」
「労を惜しまない 遠慮もしない 同情されたらおしまい」
「凛としてfight 永遠にtry どんな闇にも差すlight」
4つも考えた稲葉さんの努力泣けます。

2曲終わったところで、ピンクブラジャーを見上げる稲葉さん。
ブラジャーが反転すると、そこに「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」の文字が。
いやいや、このためだけに?!

他にも後半ですが、ステージ端にディスプレイされてたレースカーが、上手下手1台づつクレーンに吊り上げられ、『BURN-フメツノフェイス-』のラスト、爆発して落下するという大がかりな仕掛けがあったり、『Las Vegas』で、自由の女神やサイコロなどの巨大バボットが空中を泳いだり。
懐かしいですね、この感じ(笑)

『熱き鼓動の果て』のラスト、「モウスグデ アナタニアエル」のところで、ふたりがそれぞれステージ下手端と上手端に繋がれた歩道を進み、さらにそこから自動の台に乗りスタジアムを半周して、ステージの真反対、アリーナの一番後ろに移動!
そこにちっちゃいステージがあって、『ZERO』と『Blue Sunshine』を演奏。
『ZERO』は完全にふたりきりで、原曲のロック感はほぼなく、すごいアレンジされてました。

私はスタンドの真ん中あたりにいたので、後ろのステージになっても距離はあんまり変わらなかったけど、半周してく途中で正面に来たときはやっぱり叫びまくりましたよ(笑)

横浜でやらなかった『YOU&I』と『Blue Sunshine』をやってくれたのが嬉しかった!
どっちも歌詞が稲葉さんの真骨頂!

シングルはキャッチーすぎて普段あんまり聴かないのですが、『イチブトゼンブ』と『愛のバクダン』はやっぱり良い曲だなー。

まっちゃんがまたずっとサングラスだったのが残念だったけど、一瞬サングラス下ろしてウィンクした姿を脳裏に刻んだ!
稲葉さんのコール&レスポンスで言った(言わされた)「アイラブユー」も!
ブルースハープは即興ぽい部分もあるのかな。『ZERO』のラスト、稲葉さんの演奏の行方を見守りながらギターを鳴らすまっちゃん。
『Las Vegas』のコーラス練習でステージに寝転ぶふたり。起き上がるときのまっちゃんのセクシーショット。
アンコールのほうが厚着してるまっちゃん。
サブステージからメインステージに戻る半周の間、とくにやることのないまっちゃんは、いつものまっちゃんポーズのほとんどのヴァリエをやったんじゃないかな(笑)

とりあえず、ありったけの力でまっちゃんを脳内保存してきました!

次のライブが楽しみだな!
スポンサーサイト

2015-06-08

『チャペック博士の子供たち』終演しました!


16ステージという久しぶりの長丁場でしたが、何とか無事終演しました!

ご来場くださったお客様、関わってくださったキャスト&スタッフの皆様、本当にありがとうございます!

公演中に地震が発生し、一時中断するという事態もありましたが、深刻な影響もなく、終わることができました。

ロボット役だったからか、身体中がばっきばきです!

去年につづき、絵空箱では、人類を滅ぼそうとする役でした。

ティンカーは固さと柔らかさ、優しさと厳しさのバランスが難しかったな。

観に来てくださったお客様が、感想でくださったバッコス三原則が秀逸だったので載せておきます。

「バッコス三原則」
●第1条
観客を楽しませなければならない。

●第2条
前条に反しない限り、コンセントが抜けたら動いてはならない。

●第3条
前ニ条に反しないよう、アドリブで切り抜けなければならない。

画像は、こちらも観に来てくださったお客様が描いてくださった感想絵。

舞台というメディアでは諦めたのですが、本当は小鳥を肩に乗せている、というのをやりたかったので、この絵をいただいてとても嬉しかったです!

皆様、本当にありがとうございました!
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。