--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-10-30

相棒14#3『死に神』


相棒14#3
『死に神』
※ネタバレ有ります。






かつて『死に神』と呼ばれた右京さんが、『死に神』を告発する回。

やたら登場人物の多い回でしたね。
そのせいで、犯人候補をひとりひとり潰していく過程が雑になってた印象。
「調べました」って口で言うだけだったり、ネットを使うばっかりだったり、捜査の描写があまりないまま、『サファイア』氏も、偽『サファイア』氏も、『ヘリファルテ』氏も、すぐに自白しちゃった感じ。

右京さんと冠城くんの関係を、ふたりの会話だけで描こうとしすぎなのでは。
事件パートを進める展開の中に、あまり上手く組み込めてない気がする。
そういう意味で、米沢さんの立ち位置はとても重要だな。

冠城くんのキャラクターは悪くないから、冠城くんがやたら右京さんにくっついてくる理由が、シーズンを通して徐々に明確になっていったらよいなと思います。
スポンサーサイト

2015-10-22

相棒14#2『或る相棒の死』


相棒14#2
『或る相棒の死』
※ネタバレあります。







眼鏡だらけのお茶会開催。
右京さん、カフェイン量を気にして飲まず(笑)

相変わらず鑑識を私物化する右京さん。
しかし、米沢さんは嬉々として協力している。

右京さんと冠城くん、ふたりのかけあい可愛いなー。

大事な手帳、「最後に会った日、父が忘れて行ったんです」はさすがに違和感。
重要な証拠なんですよね?

木の断面、明らかに刃物で切断されてるじゃん!
ちゃんと偽装しようよ。

警察による裏金作りか。
s5#15『裏切者』を思い出すエピソードです。

「右京さんならパスワード判ったりします?」
いたみんが言った「魔物」を信じてるのかな冠城くん(笑)

アンクレットって、箱に入ってる状態で即座に判断できるかなー。

右京さんは大河内さんを完全に手玉に取ってるな(笑)

右京さん率いる、伊丹さん、芹沢くん、大河内さん!
はい、いたみん格好いいー!

自殺しようとする犯人を止める殺陣は、もうちょっと格好いいやつにできたんじゃないか…。

峯秋さん、「張りきりすぎると途中で潰れる」って、カイトのことですか…。

副総監を失脚させるために右京さんたちを利用か。
峯秋さんも腹黒くなってきたね!いいね!

「あなたは、自分の相棒も逮捕した人ですから」
冠城くん、抉るなー。

犯人と被害者の描き方が中途半端でもったいなかったです。
タイトルが大袈裟に感じてしまった。
レギュラー陣は魅力的だったけど、事件そのものは盛り上がりに欠ける展開でした。

次回に期待!

2015-10-15

相棒14初回2時間スペシャル『フランケンシュタインの告白』


相棒14初回2時間スペシャル
『フランケンシュタインの告白』
※ネタバレ有ります。







まずは脚本が良かったですね!
無理のない二転三転ができてた。
やっぱり脚本のクオリティは大事。

s2#16『白い罠』、s2#21『私刑~生きていた死刑囚と赤いベルの女』、s8#9『仮釈放』、s9#15『もがり笛』など、「刑務官と受刑者」という刑務所ネタは相棒これまでにもけっこうありましたが、今回は『梅津源平』っていうキャラクターがすごく活きてて、とくに良く出来てたと思う。

「踏み絵」には噴いたけどね…。
前時代的のレベル超えてるよ…。

右京さんはやっぱり英国で捜査協力してんじゃん。
スカウトされてんじゃん。
ふうって柱にもたれる右京さんが可愛かった。
捜一曰く、『魔物』で『妖怪』!
最強だなもう!
魔物を擁する警視庁に勝てる組織あるの?
まあ、本人に帰属意識がないから、言うことは聞かないだろうけどさ☆

甲斐さんも次長降ろされたね当然。
『警察庁長官官房付』って相棒界では随分便利なポジションになってますね。
長谷川宗男も神戸尊もいるんだよね?
濃いよ!メンバー濃いよ!
閑職だが、右京さんの処分を解除できるだけの権力はある、と。

芹沢が刑務官に入れ替わる必要があったのかは甚だ疑問ですが(笑)
まあ、もみくちゃにされる捜一は可愛いから良しとしよう。

反町くんは頑張ってたけど、緊張してるのか、呂律回ってないし、目の下の隈がひどいし、心配(笑)

とりあえず、冠城くんには「右京さん」って呼ばせようという脚本の心意気は買った。

しかし、冠城くんは単に空いてたから部屋に居座ってただけで、特命係に配属になったわけじゃないのね。

11初回で立てたカイトの絶対音感設定をすっかり忘れちゃう相棒界だけど、シーズン中にもう一度くらい、モデル風外国人女性とデートしてたらいいね、冠城くん…。

2015-10-12

オーディション開催!



劇団バッコスの祭では、2016年2月に行う第28回公演へ向けて、オーディションを開催します。

●公演概要
劇団バッコスの祭
第28回公演
『ジオグラフィア』
脚本・演出=森山智仁
2016年2月10日(水)~15日(月)
@中野ザ・ポケット

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

極端な話、この世の全てを見渡せば、自分にとって大切な順に番号がつけられるはずだ。

必ずしも自分の命が一番とは限らない。
ある他者が、自分の命より大切だということはあり得る。
そういう美しさは紛れもなく存在する。
しかしその一方で、例えばどこかの国で飢えに苦しむ子どもたちと、例えばニンテンドーDSではどちらが上なのか。
見えない振りをしても真理は揺るがない。

ここより向こうは「手が届かないから」と、あるいは都合よく弱肉強食を唱え、人は割と平気な顔で他人を見捨てたり蹴落としたりする。
そのことを僕は別に嘆いていないし、憤ってもいない。
ただ知りたいだけだ。
そうまでして人は、果たして何を得ようとしているのか。

自棄になって 書いたSF小説。
町を興したい田舎町。
事情を抱えた編集者。
三本のイトが絡み合い、渦巻く闇の向こう側で――何かが待ち受けている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

※2007年に上演した第9回公演の再演です。
上記のライナーノーツは初演時のものです。

☆作品は全面的に改訂されます!

●条件
18歳以上で、責任をもって稽古と公演に参加できる方。
稽古は2015年12月より始まり、平日の18:00~21:30を中心に、週3~5回行います。
本番直前は1週間前後、13:30~21:30の集中稽古があります。
劇場入りは2月8日(月)です。

●オーディション日程
2015年10月21日(水)
13:30/16:30/19:30

●会場
豊島区or板橋区内施設
(詳細はお申し込み後に連絡します)

●料金
1000円

●申込
公式サイトのメールフォームに、必要事項をご記入ください。

〆切は、10月19日(月)の24:00です。

たくさんのご応募、お待ちしております!
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。

■■今後の予定■■

★劇団バッコスの祭 第29回公演
『スパルタクスの乱開発』
2016年6月3日(金)~6日(月)
@あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。