--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-09-13

劇団☆新感線『Vamp Bamboo Burn』観劇。


劇団☆新感線『Vamp Bamboo Burn』感想。
ネタバレあります!







宮藤官九郎の脚本のラディカルさと、新感線の世界観のベタさのミックスが、私にはちょうどいい塩梅。
後付けだろうけど、タイトルをすべてストーリーに組み込んできたのはさすが(笑)
前半は、1シーンが短いし、次々と新しいキャラクターが出てくるスピード感が素晴らしい。
ただ、1シーンだけのキャラクターも多いし、同じ人物でも状況によって違う役者が演じていたり、展開が速い分、ついてくのに必死。
後半は、ロジックが曖昧だったのが残念だった。
ヴァンパイアvsエイリアンという設定は面白かったけど、ファンタジー部分のルールが徹底されてないのがなー。
ヴァンパイアの体液とエイリアンの血液、混ぜるな危険ってさんざん言ってたわりに、後半だいぶ混ざってるのに放置だし。
とくにヴァンパイア側の死ぬ条件が適当なのが気になる…。
そんなロジックどうでもいいと思わせる、ロジックを凌駕する圧倒的な何か、があれば別にいいんだけど、そうでもなく…。
途中まで、「ヴァンパイア対策法」という法律が制定されたり、変にリアルな分、余計気になる…。
徳永ゆうきさんは結局かぐや姫の転生だったの?
そして、徳永さんが変じた謎の生命体はどこへ行ったの?
けっこう引っ張ったはずの蛍太郎についても尻切れトンボだし…。

生田斗真くんはさすがの存在感ですね。
歌、ダンス、殺陣、芝居、何やらせても魅せるなー。
生田くんvs中村倫也くんの殺陣が綺麗だし、スピードもあってとても良かった。
やっぱり剣殺陣が好きだ!(ふたりの立ち回りは鉈vs刀だったけど)
素手とかバールとか銃とかはあんまり燃えないんだよな。
しかし、最近の新感線は、クライマックスの音楽が過剰にウェットで心が冷える。
役者さんの芝居がウェットなんだから、音楽までそれじゃ「トゥーマッチ」なんだよー。
小池栄子さん、ボブが似合ってるし、めっちゃ細くてスタイル良くて可愛かった!
あと、リケジョももクロの、山本カナコさん、高田聖子さん、保坂エマさんが可愛かったー!
とくにカナコさんの「保保肩ハルコ」(笑)
カナコさんはけっこう説明役をやることが多いですねー。ちょっと意外…。
あと、看護師聖子さんの死に際も素敵でした!
しかし、今回は何と言っても、粟根まことさんと川原正嗣さんの兄弟!
兄弟はいいんだけど、まさかの粟根さん弟!
なんで?普通に考えたら逆じゃ…(笑)
しかも兄弟そろって眼鏡ヤクザ!
敵対する弟によって日光の前に晒された兄ヴァンパイアが、弟に噛みついてヴァンパイア化させ、弟も日光に晒させて共に消える(?)という兄弟の顛末に萌えました!(そこはサイドストーリー)
憎み合う兄弟ヤクザヴァンパイアも良いでしょう!

写真、何も撮ってなかった(笑)
というわけで、バッコス最終公演より、富島&株式会社フラタニティ。
スポンサーサイト

2016-09-11

Vリーグ大運動会!


昨日は、Vリーグ大運動会というものに行ってきました!

日本のバレーボールリーグ発足から50周年ということで、今年は様々なイベントが企画されているそうですが、この大運動会もそのひとつ。
各チームごとのファン感謝祭などはこれまでにもあったようですが、プレミアリーグ・チャレンジリーグ、男子チーム・女子チームが混合で開催するイベントは初めてだとか。

去年からVリーグ随一の客寄せパンダと化している柳田将洋選手は、チームレッドのキャプテンということで(笑)
ご本人は「キャラじゃない」と仰ってましたが、まんまと引き寄せられてる私たちファンとしては、やっぱりバレーボール以外でも頑張ってる姿を見られると微笑ましかったりします。

男女ひとりづつの代表が行う初っぱなの選手宣誓、あと一言で女子選手に引き継げるというところでセリフを忘れてしまう柳田選手(笑)
ポケットからカンペを取り出し、見たらちゃんとしまう。続きから始めようとして突っ込まれ、最初からやり直す。という一連の流れで、みんな笑顔になりました。
のっけからファンの心をがっちり掴んでくる柳田選手、流石です!

今回は、各リーグ各チーム混合で、出身県別に1チーム30人強×4チームに分かれ、大縄飛びや綱引きなど様々な競技を見せてくれました。
私がざっくり眺める限り、サービス精神旺盛なチームイエロー、真面目にやったら一番強そうなチームグリーン、団結力のあるチームブルー、マイペースなチームレッドという印象。
こりゃ最下位だなと思ってたのに、予想外に優勝してびっくりしました(笑)
最後の障害物競走、柳田選手の一生懸命さと、山本湧選手の追い上げにテンションが上がって、必死に応援しすぎて喉が痛くなりました(*´-`)
ファンとはいえ、遠くから見守りたい派の私と同行の方は、選手たちとのふれあいタイムはスルーしてたんですが、入場時に、柳田選手と同じサントリーサンバーズのチームメイトで、チームレッドの山本選手にモギリしてもらって、「ありがとうございます」と言えたのがとても嬉しかったですσ(≧ω≦*)

運営的には、初めての試みということで、スタッフさんたちはめっちゃ大変そうでしたね。
選手たちが登場するだけの開始15分でもう「押してます」っていうのは何事(笑)
競技は選手から提案したと紹介されましたが、やはり現場では選手はホストではなくゲスト扱いなわけで、約130人もの人数をいっぺんに動かそうとしたら、そりゃまあ時間はかかるよね…。
中盤から巻きまくったので、最終的には予定より少し余裕あるくらいで無事終わりました。
しかし、アリーナに選手たちの席もあるのに、1競技ごとに選手の入場と退場があるのは何故(笑)何故いったんアリーナを出る必要があるの…。たぶん、そこでけっこうなタイムロスしてる…。

進行は、司会のお姉さんと、ナオキさんという普段は堺ブレイザーズの応援団長で、最近は全日本でも公式に応援をしてる方と、大林素子さんだったんですが、どうも、そのナオキさんの選手のいじり方が私は肌に合わなくて苦手でした。
大林さんのコメントの優しさが光ってました(’-’*)♪

グッズとしては、LaundryとコラボしたTシャツが可愛くて購入したのですが、パンフレット的なものがあったらもっと良かったな、と。
運動会を観ていて、今まで知らなかったけど魅力的な選手がたくさんいたので、その場でぱっと、どこのチームの選手でどんなプロフィールなのか、とか知れたらもっとVリーグの今後の人気に繋がると思う!
次回があったら運営さんぜひー!

2016-09-07

終わらせる力。


劇団バッコスの祭、解散しました。

最近思ったのですが、私は、始める行動力はあっても、終わらせる行動力がないのだな、と。

今まで、数々の終わらせる失敗をしてきました。
今年は、図らずも、長くやってきたことがいくつも終わりを迎える年になっています。
ちゃんと終わらせられる人になりたい。

バッコスの主宰・森山智仁が千秋楽のカーテンコールで、「理想的な幕切れをできた」と言っていました。
私も、そうできるように精進したいと思います。

さて、バッコスは解散しましたが、演劇はまだ終わらせる気持ちになっていません。
先のことは何もわかりませんが、まだ、続けます。
2年ぶりに、松澤くれは氏の作品に出演させていただくことになりました。

<火遊び>pray.07
『トルツメの蜃気楼』
脚本・演出:松澤くれは
2016年11月3~13日
@ギャラリー・リップ(高円寺)
http://kureha.main.jp

どうぞよろしくお願いいたします(’-’*)♪
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。

■■今後の予定■■

★劇団バッコスの祭 第29回公演
『スパルタクスの乱開発』
2016年6月3日(金)~6日(月)
@あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。