--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-27

乙女企画クロジ。

『僕の愛した冒険』を観に行きました。

2007年に女の子7人でやった、「うさぎchan」という企画ユニットの時に作・演出をしてくれた、スプリングマンの澁谷光平さんが作・演出。

舞台上は、良く言えば生活臭に満ちた、ありていに言えば、かなり散らかった部屋のセット。

このへん、スプリングマンテイスト。

話は、フリーターでだらしのない男の元に、夫から逃げて家出してきた女がやってきて、男のバイト仲間や、男の姉とその夫を巻き込んで、なぜか女の夫と戦う方向へと進んでいく。

最初と真ん中と最後に来る、友達以上恋人未満な関係のもう一人の女との件も効果的だったし、夫の元に帰ることを決断した女と、引き止める男が、小さなテーブルの上に二人で立って別れる場面がよかった。

バランスの取れた、良い芝居だったと思います。

キャストは全部で8人、ほとんどが声優さんらしいんだけど、脚本・演出と、役者さんの演技の質が無理なくはまってて、とても観やすい。

客層にファンが多いというのもあるだろうけど、笑いもかなり取ってたし。

話が停滞してしまう部分もあったけど、印象的なセリフもいくつかあったし、散らかった部屋や窓、ベッド、バスルームの使い方も上手いなぁと思った。

澁谷さんの脚本は、日常と非日常の線引きがホントにギリというか、ファンタジックでもドラマティックでもないんだけど、でも全然淡々としてないし、リアルではありえないタイミングを使うから、不思議な感触。

演出としては、けっこうばたばたしてるし、シチュエーションコメディみたいな部分もあるし。

ありそうでなさそうな感じ?

自分が出たうさぎchanの『シューティングガール×バイオミュージック』以外では3本の澁谷作品を観てるけど、なんか大人になった感じがした。

とくに前作『HIKARI』は、今回と同じフリーターの男が主役だったけど、今回のほうが、登場人物たちの関係性や、話の終着の仕方に広がりのある作品だったと思う。

また一緒に芝居したいなぁ。

キャストがみんな特徴的な声をしてて、特徴的ってどういうことなんだろう、って観ながら考えてたんだけど、つまり、外見からは想像できない声をしてるから印象に残る、ってことなのかな。

と思いました。

主人公の男が窪塚洋介、姉の夫がガンダムのアムロの真似する人、にそれぞれしゃべり方が似すぎてて気になったけど。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。