--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-13

KUSARE芸道R。

という劇団の『現代忍法 ぼんやり絵巻』を観てきました。昨日。

芝居本編はまあふつうに面白かったけどー。けどー。

前説ある芝居って好きじゃない。

ぜひ笑ってください。
って姿勢はいいんです。

お客さんが参加して舞台が成立します、という主張は全然アリなんですけど、前説やって客席あっためとくんで、「ぜひ笑ってください」って言われると冷めちゃうのさ。引いちゃうのさ。

芝居自体は、派手な殺陣のない劇団☆新感線でしたね。直球。

新感線の演目に、ドラゴンロック2~九龍城のマムシ~。ってのがあるんですが、やっぱり忍者出てきて。話はもちろん違うけど。後半それにしか見えなくなった。

今回のストーリーは↓こんな。
忍者の里を出て抜忍になった主人公に、一族の頭領が次々と刺客を放ち、最後は仲間と共に頭領に戦いを挑む。と。
コメディなんですけどね。

出演者から聞いてた話だと、めっちゃ殺陣できる人らがいて、殺陣稽古もけっこうやってるって言ってたんだけど、期待してたより全然なかったな。

くの一とやりあうシーンは何回かあるんだけど、女の子の殺陣はそうとう技術があるか、見せ方に工夫をしないと、やる方も観る方もぬるいから。(自分が殺陣やらないからって言いたい放題)

ちゃんと殺陣やれる男同士1対1のマジ殺陣が、一回くらいがつんとないと、すげぇな!と思えないよね。

ラスボスの師匠とも結局戦わない(このへんもとくに新感線臭)ので、やっぱり中ボスくらいのやつと一回マジ殺陣しとかないと。

新感線は殺陣が半端ないから。ビバ!アクションクラブ!準劇団員かっつーくらい毎回出てる殺陣師の二人とかマジかっこいい。
もちろん、殺陣師の技術と、音響、照明、舞台装置込みで、あのかっこよさが出せるとは思う。
だから金のない小劇場で時代劇とかファンタジーやるとたいていは寒くなる。
でもそれを乗り越えてきたんだものね。新感線も。
だからあきらめずに貫いて、いろんな人に面白がってもらえるようになれば道は開ける!

とりあえず2時間オーバーはきつかった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。