2009-03-31

『映像都市 2009』

2月に出演したストレイドッグプロモーションの、『映像都市(チネチッタ) 2009』を観てきました。

面白かった!

良い脚本だなぁ。

映画『血と骨』などの脚本を書いた、鄭義信という人の脚本で、鄭さんが以前座付き作家をしていた、新宿梁山泊という劇団で、1990年に初演された作品です。

小劇場演劇隆盛の頃ですね。
その時代の勢いを感じます。

閉館間際の映画館のオーナーと、
少年時代の彼、
ありえたかもしれない未来、シナリオライターになったもう一人の彼、

の3人を主軸にストーリーは進んでゆきます。

役者さん、みんな良かったですが、とくにSeedlingという、ストレイドッグのレッスン生たちの全開パワーがとても良かった!

心も体も余ってない!

照明も綺麗で良かったし。

とても面白かったです。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード