--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-31

『天使と悪魔』

を観てきました☆

映画『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。

原作的には、ロバート・ラングドンを主人公とするシリーズの第1作です。

面白かった~(≧▼≦)!!

『ダ・ヴィンチ・コード』より全然出来が良い!!

キャストも、前回よりみんなしっくりきた^ー^)人(^ー^

先に『ダ・ヴィンチ・コード』をやっちゃったから、いちいち「キリスト教がらみのあの事件」というフレーズが出てきてうっとおしい(´Д`)

序盤は、物理や宗教の難しい用語連発なので、原作読んで予習してない人には厳しいかも。

セリフだと速いので追うのに必死。

基本構図は、科学vs宗教の対立(・∀・)ノ

中世、キリスト教に弾圧された科学者たちが作った、秘密結社イルミナティが現代によみがえり、

教皇を殺害して、次期教皇候補の枢機卿を誘拐し、

その一方で、

研究所から盗み出した「反物質」という爆発物をヴァチカンに仕掛け、

キリスト教に報復しようとしている。

ということで、

イルミナティに詳しいラングドンが呼ばれ、

イルミナティが残した暗号を解読して、4人の枢機卿と、反物質の在処を探す、というストーリー。



ネタバレします!



ネタバレなので、これから観るつもりの方は読まないでください。



※※ネタバレ※※



犯人は、実はイルミナティではなくて、教皇付き侍従(カメルレンゴ)であるユアン・マクレガーなんですよ。

ユアン・マクレガーが良い゜+。(*′∇`)。+゜

このカメルレンゴのキャスティングが出来を左右すると思ってたけど、予想通り、ユアン・マクレガーはぴったりだったよ♪♪

まっすぐで、歪んでる。
誠実で、狂ってる。

ラスト、カメルレンゴが焼身自殺するシーンが、原作読んでて一番観たいシーンだったんだけど、案外ふつうになってしまっていたのが残念(T_T)/~

映像にしたら、きっと美しいシーンになるだろうなと想像してたんですが(>_<)

反物質の爆発シーンは、雲が染まってすごく綺麗だったヽ(´▽`)/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブヒブヒ

ちゃんと女優の勉強してるね(;_;)優子お嬢様を育てたかいがありました(ノд<。)゜。ちなみに映画で、印象に残ったのは、「えっ、こいつが犯人だったの。」「偏見かも知れませんが、助かって良かった、私が教皇になりましたとニヤッとして群衆の前に出ていくシーンかな」
さてさて映画でも撮るかな題名は「ニートとひも」

勉強勉強★

女優の勉強になってるかは疑問ですが…。

女優さんはヒロインだけで、あとは、男だらけの映画だから(;^_^A

赤やレースのひらひらを着たおじさんたちがいっぱい☆

でも、ヴァチカンで協力してくれる警察とか警備関係者の人たちは良かったなぁ。

オリヴェッティとか、ヴァチカン記録保管所の人(役名出てこない…)とか。
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。