--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-30

クロムモリブデン。

今日は耳鼻咽喉科に行きました。

夏風邪です。

ノド痛いはずだよ。

夜はシアター・トップスに、クロムモリブデンの『血が出て幸せ』を観に行きました。

ひょっとこ乱舞で一緒にやってた伊東サホ(リック)と、ひょっとこと鹿殺しで共演した板倉チヒロ(ック)が出てます。

なんか、クロムを観るといつも(といってもまだ3回目)そうなんだけど、途中で考えるのを放棄してしまう・・・。

だから感想聞かれると困るってば。

ので、たまたま同じ回を観てた北川くん(仮名)に解説してもらいました。

北川くんは、自分で劇団を主宰・作・演出し、ひょっとこやクロムで演出助手もしている子なので、芝居とか概念とか思想とかを言葉にするのが得意です。

曰く、

クロムの作演の青木さんは、ヒトの中にあるアンビバレントな衝動を、価値観無添加で並べて描くことができる人なのだそうです。

たとえば、「嘘をつきたい」と「嘘をつきたくない」とか、「人を傷つけたい」と「人を傷つけたくない」とか、そういう感情。

こないだテレビで紹介されてた『チェブラーシカ』っていうロシアのアニメ映画を思い出したよ。

耳がやたらでかいぬいぐるみのサルと、ワニと、おばあさんが出てくるらしいんだけど、サルはただひたすらぼんやりしていて何もしない。ワニはただひたすらサルに親切にする。おばあさんはただひたすら悪戯をする。っていう映画らしい。

なんのこっちゃ。

観てないからね。

価値観を塗り込めない潔さが似てるのかなぁと。想像。

終演後聞いたら、サホちゃんは、「侵犯されない人」をやりたかったらしいです。

なるほどねー。

確かに、いろんな意味で「オカサレない人」でしたね。やってのけてたよ。

サホリックのウェイトレス、キレてて素敵。

1時間半ずっとマンガみたいな表情と動きができるのがすごいよ。

最初の5分くらいめっちゃ面白かったな。

中盤は私内部無反応。

後半は刑事三人のやりとり、とくに森下さんの怒濤のつっこみっぷりがよかった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。