--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-20

マチ☆ソワ★

7月に出演した『民宿チャーチの熱い夜7』の主催である、デッドストックユニオンの舞台『愛を語るにはまだ早い』を観てきました☆

借金のカタに閉館させられそうな演芸場を、なんとか存続させようとする人たちの話。

芝居でお笑いをやると中途半端で寒くなりがちですが、オスカープロモーション所属の芸人さんが役者として出演していて、漫才のクオリティがとても高く面白かったです(≧∀≦)

オカマのコンビ=ルビーモレノ、若手のホープ=トリオ・ザ・エンジェル、ライバルのトリオ=ルーキーズが良かった!
下っぱコンビ=ハイソックスも可愛かったし!
ふつうにお笑い見てる感覚になりました。

幅広い年齢層・キャラクターの役者を出演させることができる、というのは強みですね。

脚本的にも役者的にも、大人数のシーンって難しいですが、そういうシーンはむしろ面白かった!
たくさんの芸人が入り乱れた中盤までは本当に面白かったなー。

逆に、中盤の4人だけの湿っぽいシーンが長くてだるかった。
今までの疾走感はなんだったんだ…。
思わず時計見ちゃったよ。

7月のときも思ったけど、登場人物たちが持ってる情報の差を上手く処理すれば、前半ももっとタイトにできるなぁ。

初対面の人の紹介とか、その場の状況の説明とか、その人が出てくるタイミングによって知ってたり、知らなかったりするけど、観客にとっては既知の情報をくり返すことになったりして。
省くバランスは難しいですけどねぇ。

あと、暗転に入る手前のテンションが曖昧で、暗転を引っ張れてない。

全体的には、台本が遅かったのか、みんな固かったし、よく噛んでたし、前半はとくに聞き取れないセリフ多数でもったいなかったなー。

で。移動して。

忠臣蔵で、堅物の酔いどれ梶川与愡兵衛をやった山田和宏氏の劇団Team Good Speedの『シアター×シアター×シアター』を観ました★

いわゆるバックステージものです。
『オケピ』みたいなやつ。

ある劇団が上演している、ある作品の楽日に巻き起こる事件を、楽屋や舞台上など、上手くエリアを分けて描いてます。

コメディとサスペンスをほどよく盛り込んだ脚本も良かったし、別々の2本の電話、別々の二組の会話、モニターと無線でつないだ楽屋と舞台といった演出もかなり好きでした。

ただ、場転で、舞台上に誰もいない時間っていうのがけっこうあって謎。

あと役者がもうちょっと上手ければなぁ。

話を引っ張ってる舞監役の人が、全然そういうキャラじゃないのにやたら2枚目芝居で気持ち悪い。

あえてバッドエンドにしなくても良かったのに、とも思うけど、あのオチをやりたかった気持ちもわかるなぁ(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。