2009-11-23

*『華鬼』第一部*

映画『華鬼』第一部、「華鬼×神無編」を観てきました(≧ω≦)

『華鬼』は、ネット小説→書籍→映画とメディアミックスが進んでる作品で、来年には舞台化も決定しています。

母親の胎内にいるときに、鬼の頭「鬼頭」である華鬼に、“鬼の花嫁”の刻印を刻まれた少女・神無。
それゆえに男たちの欲望にさらされて生きてきたが、本人は何も知らされていなかった。
16歳の誕生日に、突然鬼たちの住む地に連れ去られるが、なぜか華鬼は神無を殺そうとする。
華鬼の配下である3人の鬼たち、光晴、麗二、水羽は神無を護るため、華鬼に逆らう。
鬼頭の地位を狙う響や、その配下である国一、鬼頭の花嫁である神無に嫉妬する同級生などに襲われる神無。
華鬼は神無を護って大怪我を負う。
華鬼が神無に向ける殺意は、鬼頭である華鬼の孤独に根ざしていた。
その孤独に触れて神無は、自分が抱くのと同じ痛みを華鬼に感じ、心を開いていく。

大雑把に言えば、だいたいこんなあらすじ。

最強の鬼の頭、優しく守護してくれる3人の鬼たち、しかも鬼は全員、美少年または美青年という設定。

これは女子は萌えるんじゃないでしょうか。
実際、客席は女の子の2人組ばかりでしたね。
和製ハーレクインロマンス現代版みたいな。

全4巻ある原作の書籍をぱらぱら見ましたが、映画版は1時間半の中に、かなりうまくエピソードをまとめてる感じがしました。

シンプルなストーリー展開と、ムダのないシーン構成でとても見やすかったです。

それにしても、逢沢りなちゃんは可愛すぎる!

この後、一週づつずらして、第二部「麗二×もえぎ編」、第三部「響×桃子編」が公開されます(*^□^*)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード