2010-02-26

こんどうさん。


はい。今日は、新撰組の歴史を簡単に予習します!

1863年、14代将軍家茂の京都上洛に際し、京都の治安維持と将軍警護のために、幕府が江戸で募集し、京都に向かわせた浪士組が前身。

当初の任務に反し江戸に帰る200人余りと別れ、近藤勇ら多摩・試衛館道場グループと、芹沢鴨ら水戸藩出身グループなど、京都・壬生に残留した浪士たち24名は、会津藩お預かりとなり、壬生浪士組を名乗る。

そして、後に会津藩より、「新撰組」の名を賜る。

初期からの主要メンバーは、近藤勇、土方歳三、沖田総司、山南敬助、井上源三郎、永倉新八、藤堂平助、原田左之助、斎藤一、など。

1853年の黒船来航をきっかけに、日本は、開国か攘夷か、幕府か朝廷か、をめぐって国論が真っ二つに割れる。

尊王(天皇の権威を復活させる考え方)、佐幕(幕府の政策を認める考え方)、開国、攘夷(武力をもって外国を追い払う考え方)、倒幕、公武合体など、様々な思想、複雑なイデオロギーが生まれ、本来は別物だった考え方が結びついて「尊王攘夷」となり、徐々に、「倒幕か、佐幕か」の二つに色分けされていく。

やがて新撰組は、政治運動の中心地、両派があからさまに武力でぶつかりあうテロの都となった京都で、鉄の規律に基づく苛烈な内部粛正と、池田屋事件などの反幕府勢力弾圧を行っていく。

近藤勇は、権力闘争とともに、芹沢鴨、伊東甲子太郎といった内部の尊王攘夷思想家を排斥し、佐幕派として台頭していく。

1868年、鳥羽・伏見の戦いで、旧幕府軍と新政府軍の戦いが始まる。

新撰組は旧幕府軍の一員として、薩摩・長州などを中心とする新政府軍と戦うが、各地で敗走、転戦。

主要メンバーも次々と去ってゆき、新撰組はすでに原型を留めてはいなかった。

1869年、箱館・五稜郭の旧幕府軍が降伏して、戊辰戦争は終結する。

さて。

新撰組局長・近藤勇は、現在の調布市出身です。

鳥羽・伏見で敗れ、いったん江戸に戻った新撰組が、甲陽鎮撫隊として甲府に向かう途中、境内で休息をとったという西光寺に、近藤勇座像があります。

せっかく故郷に錦を飾ったのですが、結局、甲州勝沼でも敗れ、江戸に退却してしまいます。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

敵の手を挟むんです

新撰組だったらこれが参考になるよヾ(*´∀`*)ノ

http://www.youtube.com/watch?v=qSuh6CzgSI8

ギャグマンガ??

まだちゃんと見てないけど。

ありがとう!

勉強しますー。
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード