2010-04-08

カムヰヤッセン。

という劇団の、『夕焼けとベル』を観てきました。

ひょっとこ乱舞やクロムモリブデンで演出助手をしていた北川大輔くんが作・演出。

ひょっとこで知り合ったメンバーがけっこう出ています。

北陸のある島に住む、障害児を抱える家族と、部落差別を受けていて、かつ伝統的に近親相姦してきた家族。
その島に、学生運動が高じてテロ活動に走った若い男女5人が、東京から逃げてくる。

宗教的儀式で始まる冒頭、そこから、少年の家庭、少女の家庭、島にやってきたテロリストグループの様子が、順に描かれる前半はかなり面白かった。

けど、面白さ的にはデクレッシェンドしてしまった感じ。

キャラクター設定としてはどれもすごく面白そうなんけど、それぞれのストーリーの終結が生温い。
過剰にバッドエンドじゃなくてもいいけど、やっぱりそれじゃ終われない気もする。
説得力が足りないのかなぁ。
それは脚本かもしれないし、演出かもしれないし、役者かもしれない。
演出はちょっと説明しすぎな印象。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード