2012-03-25

観劇日記前半。


なんかブログの調子が悪い気がする…。

3月観劇日記前半です。


■旋風計画
『アルレッキーノ‐二人の主人を一度に持つと‐』

オープニングの身体を使ったパフォーマンスや、黒揃いの抽象衣装から、徐々にキャラクターに合わせた服を加えていく演出のアグレッシブさは好き。
腹筋割れてる女子かっこいいな。
もとは16世紀イタリアで生まれた仮面を使った即興喜劇だそう。
取り違えの混乱や男装の麗人など、確かにシェイクスピアにも影響を与えたのだろうな。

■ひょっとこ乱舞
『うれしい悲鳴』

ひょっとこ乱舞としての最終公演。
私が芝居をはじめた場所は消滅しました。
私にとってはこの作品のほうが集大成って言葉がぴんとくる感じ。
目をそらさず現代日本だったり、自分たちだったり、を見たんだろうな。
今ここにいる私たちを取り巻く世界を、広田淳一のフィルターで見たらこうなる。
あいかわらず言葉が素敵で、文字で愛でたい脚本。
身体としては、もっと動いてるほうが好みかな。
このストーリー性が好きなんだけど、ひょっとこ好きな人たちからしたら過剰なのかもね。

■Seiren Musical Project
『ユーリンタウン』

ブロードウェイミュージカルということで、作品はしっかりしてるし、みなさん歌が上手くて満足です。
ラスト、笑顔で歌い踊る人たちに対するナレーションがバッドエンド、という噛み合わない画面が薄気味悪くて面白かった。

■サイバー∴サイコロジック
『掏摸』

芥川賞作家・中村文則さんの大江健三郎賞受賞ベストセラー小説の舞台化。
中村さんの作品は、『掏摸』と『王国』しか読んでないけど、だいぶ『悪と仮面のルール』の要素を使ってるみたいだし、『掏摸』の要素はあんまりなかったな。
『掏摸』を読んで一番立体化しずらそうだな、と感じたシーンは華麗にスルーされてました。
ラストはオリジナルらしいし。
純文学にだいぶエンターテインメントなオチつけちゃったけど、アリなのかしら。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ご無沙汰なコメントですが…、

読む方も少々繋がりが悪い感じが…、サイトのサーバーの問題か

のり様♪

どもー。

こないだはお久々でした(≧▼≦)

サーバーのほうの問題なんですかね。

最近は問題なく更新できてますね。

読むほうはいかがですかー?
プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード