--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-11

観劇日記♪♪


久々に長いですf(^_^;

■柿喰う客 女体シェイクスピア003
『発情ジュリアス・シーザー』
そもそもシェイクスピア戯曲を上演するシリーズなのだけど、やっぱり現代会話劇じゃないから、柿のスタイルではやりにくそう。
その上、ああいう華奢で線の細い子たちでやるなら、やはりもっとリズミカルで現代的な脚本でないと厳しいかも。長台詞がもたない。
ジュリアス・シーザーの方は可愛かったけど、小柄だし圧倒的な美貌というわけでもないから、やはりタイトルロールにしてはパワー不足かなぁ。

■Studio Life
『続・11人いる!~東の地平 西の永遠~』
演出家以外は男性のみで構成されている劇団で女役も男がやる。
イケメン役者が多いので、客席もファンが多い様子。
作品は、萩尾望都原作の漫画『11人いる!』の舞台版。
劇団のベテランさんたちは本当に素敵だった。

■東海大学文化部連合会演劇研究 第160回卒業公演
『日曜日のテトラポッド』
学生演劇なので技術とかはいいのですが、噛みすぎじゃない?観に行ったの楽日だったのに。
4つの短編オムニバスが、ちゃんと1つのストーリーにつながっていたのは良かった。

■アマヤドリ
『月の剥がれる』
長かった。休憩が入ってびっくりした。
それでも初日からは15分くらい短くなってたらしい。
「散華」っていう組織の設定は広田さんらしくて好きだし、そこで語られる言葉はあいかわらず素敵だったけど、やはり脚本が推敲されてない感が強い。
役者もスタッフも、それぞれがそれぞれの技術とセンスでまさに戦ってるという感じ。
初日のカットのせいで、セリフやシーンがほとんどなくなった役者さんもいたようで、ダンスシーンで出てくる度に、この人誰?みたいな人もいて、逆に気になった。
ダンスも面白かったけど、やっぱりいつもと比べると、意味が定まりきってない感じがして煮え切らなかった。
千秋楽まで毎ステ進化してくんだろうな。
キャストも本番やりながら稽古してるようだって嘆いてた。
楽日までどんどん変化していくのは演劇としては必然だけど、それでもやっぱり初日に完成形を用意するべきだと思う。
0から1を生み出すのは、1を2にするよりはるかに難しい。
脚本を急かしたくはないけど、その後に控える演出家や役者やスタッフの、2や3や4を考えると、だんだん切羽詰まってくるし。
初日にお客様に見せるクオリティは守りたいし、板挟みだ。
毎回うまくバランスを取ってやっていければいいな。うちも含めてね。

■明治学院大学演劇研究部 卒業公演
『まだ青くもならぬ春に』
スタイルとしては面白いけど、それだけでもたせるには長い。
音響で台詞が聞き取れない。
妊娠してる設定ならヒールは履かないほうがいい。

■北九州芸術劇場プロデュース
『LAND→SCAPE/海を眺望→街を展望』
東京の若手作演出家が北九州を舞台に作った作品。
面白かった。
言葉と音楽。リズムとリフレイン。しゃべりと動き。
最後の10分まではちゃんと楽しくついていけてたのに、最後の10分で突然よくわからないまま放り出された。
途中まではカタルシスもあってうきうきしてたのに、ラスト着地点がわからなくてもやもや。
勝手な妄想でいいから何か腑に落ちたかった。
客席が不思議な四面になってて、私から見て左が舞台より下にフラットに広がり、右が舞台より上に向かって段差になってる。サイドは2列の段差。
左が海、右が山、サイドが山裾、舞台が街、なのかな。
見る場所によって見えるものが違うんだろうな。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。