--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-28

夏終了!


夏らしいことを何もしないまま夏が終わりました。
すっかり秋ですねー。

1日で映画3本を梯子してきました!
今月はめずらしく舞台より映画のほうが多かった(笑)

ネタバレありです。
ご注意ください。

☆映画↓↓

■『LUSY』
どこへ向かうのリュック・ベッソン監督。
中盤までは生々しいアナログな痛さ満載だったのに、最終的にはデジタル展開に突入し、その横で体張って銃撃戦してるマフィアvs警察がギャグかと思いました。
モーガン・フリーマン扮する教授の講義がすごく初歩的なことしか言ってなくてびっくりした。第一人者なんですよね…?
敵の韓国マフィアたち、ちょい役の刑事たち、集められた科学者たちが、いい面構えの役者さんばかりで印象的でした。

■『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』
前作でも思いましたが、普通の市民も、衣装やヘアメイクを割り切ってファンタジーにしているところが潔くて好きです。
『龍馬伝』とかなりキャストがかぶってるので、高杉晋作vs吉田東洋、坂本龍馬vs岡田以蔵、とか考え出すと勝手に楽しい。
十本刀召集とか仰々しく言ったわりに、紹介もされず、戦いの見せ場もなかったキャラクターがいたような(笑)
クライマックス、志々雄vs剣心+佐之助+斉藤+蒼紫の4対1戦にもつれ込むのがギャグかと思いました。
志々雄の、佐之助と蒼紫に対する「誰だよおまえ!」という突っ込みがおかしくてしょうがない。確かに!

☆舞台↓↓

■Seiren Musical Project『Disney's My Son Pinocchio Geppetto's Musical Tale』
ピノキオをモチーフにした大人向けミュージカル。
いわゆるピノキオのアニメーション映画とは違うお話らしいです。
日本ではセイレンでしか上演していないらしい。
2010年の初演時に版権買って、自分たちで翻訳して訳詞を付けたようです。
日本語はミュージカルに向いていない言語だから、訳詞とか本当に凄いなと思います。
ピノキオの成長ではなく、彼を得たおもちゃ職人のゼペットのほうが父親として成長していくのが物語の主軸。
とても教訓的なストーリーなだけに、年配役の人がちゃんと年配だと説得力あるけど、学生団体だと難しいかな。
最初に出てくるダンサー二人の衣装がしょぼくて愕然。その二人以外は大丈夫だったけど。
ミュージカルはやり甲斐がすごくあるんだろうなあ。
やりたい人の気持ちはわかる!

■劇団ユニークポイント『アイアムアンエイリアン』
臓器移植をテーマにした、「十二人の怒れる男」のような会議劇。
ドナーから取り出した心臓を、医学的にほぼ同条件の二人の患者のうち、どちらに移植するかを話し合う7人の男女と、その会議を司会する男女。
23歳女性という設定のキャラクターが、衣装、メイク、髪型とも全然それらしくなくて違和感があったな。
司会の女性が、後半私情を出す芝居をしすぎてて嫌だった。前半の職務を遂行する感じが良かったので、私情は一回鮮烈に見えたら充分だった。



さてさて、来月には相棒13が始まりますよー!
今年は毎週感想など書いてみようかしら、と目論んでおります(笑)
と言いつつ、初回2時間スペシャルの10月15日(水)に私は日本にいないのですが!
家族旅行でスペインに行ってまいります。
家族みんなで海外だなんて10年以上ぶりじゃないでしょうか。
そしてもう最後だよと脅されてます(笑)
楽しんできますー!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

imyou

Author:imyou
東京で役者をしている 【金子優子】 の日記です。
■■今後の予定■■
☆『夜を忘れなさい』
2017年6月2日(金)〜6日(火)
新宿 シアター・ミラクル
☆『希望の星』
2017年11月8日(水)〜12日(日)
池袋 シアターKASSAI

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。